おついたち参り~白山姫神社

http://www.shirayama.or.jp/hakusan/info.html

夏の終わりに4日間だったけど、ちょっと実家に帰りました。
金沢にいた頃は、父が毎月1日に、白山姫神社のおついたち参りに連れて行ってくれていました。
朝の5時頃から出かけて、祝詞や巫女さんの舞・・・、何だか神聖な気持ちになって、月のはじめを迎えていました。
ちょうど、9/1も金沢にいたので、久しぶりに父と母と”おついたち参りに”出かけました。

その時に、毎月1日発行の「白山さん」という表紙をいれて8ページくらいの冊子をいただけるのですが
そこに◆神道講話という欄があり、毎月宮司さんの講話が載っています。
今月は「旬を食す」という題名でした。
そのおわりに書かれていた文章を紹介します。

  ~~~~~~ ~~~~~~ ~~~~~~ ~~~~~~

 海辺の棚田に映る半月に釣果を予言するのは、上弦・下弦の月の頃は潮が小さく、魚のバイオリズムも不活発で喰いの悪いことを見通しています。
 山里では、雪に押しつぶされていた熊笹をそっと持ち上げているフキノトウ。
萌黄色の山々に咲く白いコブシの花。
それらはその年の四季の移ろいや旬の食べ物の時季を人間に教えてくれる自然からの合図です。
 人造エネルギーよりも自然エネルギーによる、生の物を鮮度の良いうちに食べる。
いわば、太陽と水と風気の恵みを存分に受けた「旬」を頂戴し、元気に朗らかに心豊かに暮らしたいものです。

       ~~~~~~ ~~~~~~ ~~~~~~ ~~~~~~

私たちがいただいているものは、全て、生きているもので、今が一番いいよ、どうぞ美味しい時に食べてねと
言ってくれているのかなあと思いました。
命あるものを新鮮な時にいただいていることを心から喜び、太陽や風や水や土が近くにいつもあることに有難うと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR