スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいいおばあちゃん

朝、バス停に行く途中、犬を連れた私より少し上かなと思われる女性と、足が不自由な80歳以上と思われるおばあちゃんがお散歩をされていました。

同じ道を歩いていたのですが、3人ほどが並んで通れるような階段を降りようとしている時に、私はおばあちゃんたちを今のうちに抜かして早く通り過ぎようと思いながら少し前に行きました。

その時、誰かがポンと私の左腕を優しく叩きました。
振り向くとおばあちゃんが、私に右手を差し出しているのです。
おばあちゃんの左手は、犬を連れた女性に繋がれています。
私は咄嗟に、私の左手とおばあちゃんの右手を繋いで「一緒に行きましょう」と言って階段を降り始めました。
小さい子を真ん中にはさんで、お父さんとお母さんが3人で手を繋いでいるように、おばあちゃんと手を繋いでおりました。
女性は「誰にでも頼ってごめんなさいね。お急ぎなのにね」と言っておられました。
時々、おばあちゃんに厳しく「もっと足を前に出して」と何回も声をかけて・・・
その階段は15段くらいしかなく、高さもなく、ひとつひとつの段が広いのです。
若い人にとっては、段が低いので1段とばしくらいで行かないと歩きにくいような階段です。
でも、おばあちゃんにとっては、それさえも大変なのです。段が広めなので、足も広げなければなりません。
かかとまでちゃんと降りられるように見ていないと危ない感じでした。
普段、何気なく通っている道が、年齢とともに辛くなるのだなと感じました。
それでも、おばあちゃんはニコニコしながら嬉しそうに歩いています。
階段を全部降りてから、私の手を離して、にっこり微笑んで、たくさんバイバイをしてくれました。

私も、とても楽しくて、おばあちゃんに「いってらっしゃい」とバイバイしました。

今日は、私もずっとニコニコしていられました。体調も何だかとても良かったのでした。

嬉しい一日をありがとう~♪

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。