スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天畠大輔さん「言葉が伝わると、すごくうれしい———意思疎通ができずに悩んでいる人を救いたい」

「白雪姫プロジェクト」に関係ありそうな記事や本をネットで探していて、”ロックトインシンドローム”と検索したところ、天畠大輔さんのHPに出会いました。

天の畠(ホームページ)


HPにも書かれているのですが、
天畠さんは14歳のとき医療ミスにより四肢マヒ・言語障害・視覚障害を負い、
以降、1日のほとんどを車いすで生活しているそうです。
現在、立命館大学大学院にて「障がい者とコミュニケーション」の研究を行っており、
障がい児や障がい学生の支援組織(NPO)を立ち上げておられます。

天畠さんの夢は、
・大学院にて、「聴覚走査法(Auditory Scanning)を中心とした拡大代替コミュニケーション(AAC)を用いた際に生じるタイムラグ」を専門に研究し、障がい者がよりよい生活を送れるようにすること、
・フランスのALISのようなロックトインシンドローム(全身麻痺だが意識や知能は全く元のまま)の支援者の財団を立ち上げること、だそうです。


『月刊地域保健』6月号インタビューに
「言葉が伝わると、すごくうれしい———意思疎通ができずに悩んでいる人を救いたい」と書かれているのを見て
國學院大學で教授をされている柴田保之先生のきんこんの会を思い出しました。

同じ思いを持って集まっているみんなが浮かびました。
きんこんの会の皆さんも、柴田先生によって引き出された言葉に生き生き討論をしているようでした。

天畠さんも通訳の方に、手か首の筋肉のかすかな動きで言葉を拾ってもらっているようですので
同じ方法なのかなと思いました。

天畠さんもそうですが、きんこんの会の皆さんも不自由なところはたくさんあるけれど
誰よりもしっかりした考えを持っていて、自分のやりたいことを持っていて
誰かのために何かをしたいと思っておられます。

柴田先生のように速いハンドスキャン通訳ができる人が増えたら、もっとたくさんの人が助かります。


天畠さんに、天畠さんのHPをこのブログに紹介したいことを伝えたところ、
「白雪姫プロジェクト」存じております。
私のHPや本はご紹介いただいて構いません。
何かのお役に立てば幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

と、了解をいただきました。
有難うございました。


また、自叙伝【声に出せない あ・か・さ・た・な】という本も出版されています。(出版社:生活書院)

声に出せない あ・か・さ・た・な



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。