スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

希望とは・・・

生命は「与える」と強くなる/新原豊先生著書 の本には

たとえ余命が1か月であったとしても、その1か月は生きるに値する時間であるという実感を当人が持てれば、それは彼にとって「生きる希望に」なりえます。
そうした本当の意味での希望は、私たちの強さの証明です。その希望が私たちを支え、いっそう強く生きていく力を与えてくれるのです。

と書かれてあります。

病気や怪我で苦しんでいる人や
病気でなくても、生きていくのがしんどく思っている人に、
生きたいという希望や治したいという思い、
今の状況に意味があるんだと思えれば
もっと強く生きていける気がします。

そして、本当に思いをもってくれている誰かが側にいてくれたり
応援してくれていることがわかるだけで
人は、とても強くなれると思うのです。

息子が、交通事故で3日ほど危ない状態と言われ、入院した時も、3回の手術や後半のリハビリに耐えれたのは
友達や、毎日来てくれていたGFの存在が大きかったように感じました。
自分だけなら、頑張れていないのではないかと思います。
友達と遊びたかったり、早く退院して学校の友達に会いたかったり、やりたいことや会いたい人がいるから頑張れていたような気がするのです。
担当の先生も、回復の速さに驚いていました。
今は、左の太ももから骨盤はほとんどが半永久的にチタンですが、見た目には、だるそうに歩いている今時の若者と変わらない感じまでに戻っています。

でも、期限がないものや、目的のないことに
人は希望を見つけられるのだろうか?とも思うのです。
あと3年頑張ればとか、治すために必要なことだとわかれば
それに向かって人は頑張れると思うのですが
それがないのに頑張る強さとは、どこからくるのでしょうか。

頑張る意味や生きる意味がわかっているからなのでしょうか。

アメリカのロサンゼルスでの上映会で見た
宮ぷーの映画「僕のうしろに道はできる」で
この映画を通して伝えたいことは
「頑張るすがた」だと宮ぷーは言っていました。

メルマガで知る宮ぷーの姿や動画で一生懸命に車いすを動かす練習をしている宮ぷー、映画の中の宮ぷーに、毎日、私は励まされ、続けることの意味を教えてもらっています。

もちろん、かっこちゃんにも続けることの大切さを毎日教えてもらっています。

かっこちゃんの希望、宮ぷーの希望が叶うこと・・・
それは、「白雪姫プロジェクト」を応援しているみんなの希望です。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして

v-530さんへ

非公開でしたので
ブログのメールにお返事を書いたのですが、届いていますでしょうか?

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。