スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命は「与える」と強くなる★新原豊

生命は「与える」と強くなる
著者:新原豊
出版社:サンマーク出版
価格:1,680円

<新原先生の紹介>
1959年東京生まれ。13歳のとき、単身ハワイに渡り、現地の中高で過ごす。1978年カリフォルニアのロマリンダ大学宗教学部に入学。1982年に同大医学大学院に進学。1986年に同大を卒業後、内科研修医としてオハイオ州ケタリング病院勤務。その後、1989年からUCLAハーバー総合病院にて血液内科と腫瘍内科に所属し、1992年にUCLA医学部助教授となる。この頃、新薬の手がかりをつかむ。1999年医学部准教授、2005年医学部教授。また、ハーバード大学でも公衆衛生学を学び、修士課程を修了。現在は非常勤教授として鎌形赤血球症の研究に従事している。国立衛生研究所(NIH)やアメリカ食品医薬品局(FDA)から助成金を受けるなど、その研究は高い評価を受けている。また、UCLAの学生が選ぶベストティーチャーズアワードに数回選出されるなど、熱心な研究姿勢は医療に携わる多くの人々に影響を与えている。


★ロサンゼルスでのかっこちゃんの講演会と「僕のうしろに道はできる」の上映会で、初めて
 新原先生のお話を聞きました。
 かっこちゃんの著書の中に鎌形赤血球症の話が出てきたりするので、先生のお名前だけは存知あげていました  が、UCLAの医学部の教授という肩書からすると難しいお話なのかなぁと思っていました。
 でも、全然違っていました。
 見た目も優しそうなのですが、お話もわかりやすくて、人柄がわかるお話でした。

 そんな、優しい先生の本が出ました!

 まだ、半分くらいしか読んでいませんが、
 人として生きていくうえで大切なことがいっぱい書かれています。


 ~まえがきより~ 
 ・・・愛するものに向かう思いと力が、究極の強さだと私は思っています。
 たとえば、動物の親が、自分の命を犠牲にしてでも子孫を守ろうとする姿には、まさにつけ入る隙のない、すご みと威厳があります。このように、すべての生命には「与える」とわき出る、特別な強さがあらかじめプログラ ムされているのです。
 とくに人間においては、与える対象がいるということは、生きる意味や幸せにも直結しています。


★母親は強いとよく言われるけど、そういうことから言われるのかな。
 親にならなくても、守るものがある人は強くなれるようになっているのかも


 
 ~帯に書かれている言葉より~
 すべてを差し出すと道は開ける
 
★深い言葉ですね。
 
 昨日、ハートオブミラクルのHappyチャンネルに出えんされていた
 ”にぽぽ”さんの言葉を思い出しました。

 にぽぽさんの言葉は、また次回(笑)
 
  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。