スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/2 ロサンゼルス かっこちゃん(山元加津子さん)講演会に行ってきました①

山元加津子さん講演会&
       「僕のうしろに道はできる~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~」上映会
講演会

Californiaに住んでいる妹のところへ今年の夏に行くのをいつにしようかと考えていた時に
かっこちゃんの講演会がロサンゼルスでもあるかもしれないと情報が入り、
その日に合わせて会社の休みもとることができ、妹家族と行ってきました。


かっこちゃんのご縁で、知り合えた小夜子さんの計らいで、妹とパンフレット配りのお手伝いもさせていただけたこと、小夜子さんの優しさを感じました。

プログラムは
1.主催者始めの挨拶
2.岩崎靖子監督挨拶
3.映画「僕のうしろに道はできる」上映
4.岩崎靖子監督のお話
5.山元加津子さんの講演
6.新原豊医学博士のお話
7.阪根博考古学者(天野博物館理事)のお話
8.主催者終わりの挨拶

の順番で行われました。

主催者代表のみこさんは
ここにいらっしゃる皆さんは、何かの力が働いて繋がった人たちだと話されていました。

監督の岩崎靖子さんは、白雪姫プロジェクトのTシャツを来てお話してくださってましたよ。
とてもお似合いでした。
12月の岡山での上映が初上映のつもりでしたが、ロサンゼルスやサンフランシスコでできることは
ないに等しいくらいのことだそうなので、これに間に合わそうとかなり頑張られて8/2の上映に間に合わせたとのことでした。
今回は、アメリカの方も見にこられていたので、字幕も急遽つけたり大変な作業だったと思われます。
たくさんの方たちの力もあって、上映できているとのことでした。


僕のうしろに道はできる
上のURLは予告編です。
この映画の中で、かっこちゃんが宮ぷーに、
この映画を通して伝えたいことを聞いたら
「頑張るすがた」と答えていました。

宮ぷ-の頑張りに、ほんとに力をもらっている人がたくさんいます。
私も、そのひとりです。

そして、意識がないように見えても、聞こえていることや意思を伝えたいと思っていることを
知ってほしいということ
声掛けや体を起こすことなど、伝え方の方法などがいっぱい詰まった内容になっていました。

宮ぷーの頑張りや優しさ、かっこちゃんの優しさに心が震えてしまうのは、見てる皆さんも同じだったと思います。


岩崎靖子監督のお話の中にも
宮ぷーと同じような症状の方が、1年くらいの間、意識があるのに、身体が全く動かず声も出せないことで、自分のことを誰にも気付いてもらえず死を超えるくらいの恐怖を味わったそうです。
でも、その患者さんが、紙屋克子先生の病院に転院してから自分は救われたとおっしゃったそうです。
食事が食べられるようになったからとかそういう理由ではなく、
「他人の僕のために一緒に努力をしてくれる存在を認めた時に救われた」と思ったそうです。


このことからも、白雪姫プロジェクトをもっと広めなければと思いました。

植物状態の方が意識を持っていること、意思を伝えたいと思っていることを
広めて、日本中、世界中の人たちがわかっている世界になりますように。


------②に続く(かっこちゃんの講演~)------
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。