スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院内学級「さいかち学級」

先日、横浜で活動されている「スマイルオブキッズ」さん主催の講演会に行ってきました。

スマイルオブキッズ

「こころの声が言葉になる」~院内学級の子供たちが教えてくれた大切なこと~
昭和大学大学院保健医療学研究科准教授の”赤鼻の先生としても有名な”副島賢和先生の講演でした。
~副島賢和先生~
公立小学校教諭として25年間、東京都内に勤務。2001年東京学芸大学大学院修了。
品川区立清水台小学校赴任。2006年より「さいかち学級」担任。
2014年4月より昭和大学大学院保健医療学研究科准教授として「さいかち学級」を担当


副島先生記事

「院内学級って知っていますか?知っている人は手をあげてください」
聞いていたほとんどの方が手をあげました。
私は病院の中に小さい教室があって学校に行けない間勉強するような学校のイメージをもっていました。
そこに通っているこどもたちの気持ちとかは全く考えたことはありませんでした。

昭和大学病院の17階に特別支援学級があります。
「さいかち学級」の役割は”子どもたちの発達を保障すること”だそうです。
そこには、入院している児童と親の希望、医師の許可がある子供が通っています。
教室に来ることができない場合は、毎日ベッドサイドで授業を行うそうです。

みんなと同じことをしたいという思いを大切にし、学校に復帰できる時や病気が治ったり退院できるレベルになった時への支援として、「学びと発達を保障」する場となっています。

傷つきがある子供たちが回復するためには
Safety:安全・安心の確保
Challenge:選択・挑戦
Hope:日常の保障・将来の希望
が必要だということ・・・・これは大人にも言えますね。
希望を持てるということは幸せなんだと感じました。


また、子どもたちは、
長期入院で自分のせいで親が辛い思いをしているのではとか
病気や将来への不安や畏れなど、たくさんの感情を抱えて日常を生きています。
不快な感情を抑えることで、自分の身を守り
自分の中で起こっている痛みや辛さ、不安等を感じないようにしてしまう傾向があるため
特に不快な感情を言語化するようにし、感情の適切な扱い方を伝えるかかわりをしているということでした。

”どんな感情ももっていていいんだよ”
副島先生の口から出たこの言葉。
とても、優しく感じました。

白雪姫プロジェクトでは、
寝たきりの方や重度障がいや脳障がいで声を発することはできない人にも
想いや心に言葉をもっているよということを伝えていますが、

言葉を発することができたとしても、出したい言葉を抑えてしまい
ずっと心の中に隠してしまうことを引き出すことも
言えなかったことを伝えられるという意味で言えば同じなのかなと感じました。
言いたくても言えない。伝えられない。

そんなことが誰にもないように
「さいかち学級」のような学級が副島先生のような先生がたくさん増えることを祈ります。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。