スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 感謝 ~山中敏彦 ”本についてと山ちゃんのこと”

感謝 本
著者:山中敏彦
発行元:イーフェニックス

~感謝~
この本は、ゴルフの途中に脳幹梗塞で倒れた著者である山中さんの肢体・言語など自由が利かなくなってからの葛藤や、病院でのこと、ご家族のこと、仕事のこと、メッセージ等が書かれています。
そして、「お世話になった人に恩返しをしたい」という気持ちでこの本を書かれたそうです。


山中さんの紹介:
・1975年1月5日生まれ
・仕事仲間とゴルフの途中脳幹梗塞を発症
・両手両足麻痺。喋れなくなる。
・病院にいるときに看護婦さんから紹介されたパナソニックの「レッツチャット」という意思伝達装置が使えることがわかり、
 その後日立の「伝の心」に変え、全ての方と意思疎通ができるようになる。
・「伝の心」と音声ツールを使い、講演多数。
 ※私の横浜での上映会&講演会の時にも、「伝の心」を使って素晴らしい講演をしてくださいました。(2016/4/9)


本のこと:
本の中では、自分がその立場になった場合、どう思うだろうと考える場面がたくさんありました。
・障がい者となり、毎日泣いて自問自答していた日々
・意思伝達装置で自分の気持ちが言えるようになるまでの誰にも何も伝わらなかった苦しみや辛さ
 ・・・・・など

この本にかかれている、山中さんの感じたことを多くの人に知ってもらいたいです。
話せなくても言葉があり、脳の病気で倒れたけれども、考えることもできるし、人の心がわかること、こんな想いでいること、このことがわかれば病院や介護関係の方たちの対応は全然違うと感じます。
一部には人として対応してくれない人もいるからです(本の中にも一部書いてありました)
また、知っていれば、自分にあったコミュニケーションを取る方法を見つけることもできます。


そして、何よりも感じるのは
山中さんのご両親がとてもあったかくて、強くて優しいことです。
山中さんのご両親は、どんな時も山中さんと一緒に行動を共にして、同じ気持ちになって、泣いて笑っています。
山中さんには家族の応援がいつも側にあって、そのことも強い気持ちになれるひとつなんだろうなって、読み終わったあとに思いました。










関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。