スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きじの奏で★大野剛資

IMG_20140706_090005207.jpg
著者:大野剛資
発行者:米本守
発行所:日本文学館
挿絵・聞取り:塩原理絵子
定価:700円(税別)

言葉が思うように出なかったり、発することができない人たちがたくさんいます。
みんな、ちゃんと言葉にできないだけで、頭や心のなかに溢れるくらいの思いや言葉を持っています。
著者の大野さんは、國學院大學の柴田先生に出会い、思いを発信していくことができるようになりました。
日常もお母様やヘルパーさんが指談で通訳してくださっています。
私も大野さんと、○や×でいいような会話ができるようになりました。大野さんは大きく書いて下さるのでわかりやすいです。と言ってもまだ、○と×のレベルなんですが・・・
早くたくさんお話ができると嬉しいです。たくさんの人が通訳できるようになれば、ひとりで外に出て行っても困ったときにも聞けるし、動ける範囲が広がったりしていくと思うのです。

まずは、こんなに色んな思いを持っていることを知っていただきたいです。
大野さんの詩集「きじの奏で」より

<すじがきのない運命>
季節に身をまかせ
におい求め巣にむかい
夢の彼方へ進みゆき
夢の彼方へにおいを残す
地ははてなくつづいて
秘密をしまいこむ
理想はイスに身を傾けたまま
苦に秘められた秘密をとき放つこと
繰返される秘密は
人間の約束
すべて人間に秘められた運命
よっぽどに組み立てられた奇異な生涯
約束はついに破られ
ききちがいによって人間に降り注ぐ
ひとつくらい罪も宿るが
ちいさな望みをすりかえてしまう
理想は理不尽な生き方よりも
人間として生きること
見ぬ世界夢の世界を
見つけにいきたい
夢ではない
基地はわれ
詩は詩に姿を変え
夢の中から出て行った

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。