見えない世界の科学が医療を変える~がんの神様ありがとう~★長堀 優

IMG_20140101_165357820.jpg
著者:長堀優
発行:でくのぼう出版
発売:星雲社
定価:1,300円+税


この本を読みながら、長堀先生に初めてお会いした時のことを思いました。
長堀先生のことは、白雪姫プロジェクトを応援してくださっている横浜の外科の先生と言うことだけは知っていたのですが、ある日、鎌倉のレイキのシェア会に参加した時に長堀先生も参加されていて、思いがけず一方的ではありますがお会いすることができたのです。
その時は、病院の先生が?って嬉しい驚きがあったのですが、この本を読んで、先生が目に見えないものを大事に思われていることを知り、参加されていたのは当たり前のことだったのだな知りました。



~~医師としての経験を重ねるにつれ、「病は気から」という言葉の中に否定できない何かをかんじるようになっていきました。今や我々は、この唯物論から離れ、心と身体の関係を再度考え直し、この言葉の持つ意味を今一度捉え直す必要があるのかもしれません。
現代の物理学で起こりつつあるこの常識の大転換を一言で表現するなら”見える世界の科学から、見えない世界の科学への変化といってもよいでしょう。~~
本の「はじめに」という章に、書かれている文章です。

このことからも、検査結果や今までのデータでしか話をしない大概の医師とは違う話だとわかると思います(^O^)

また、表題の「がんの神様、ありがとう」は、先生の患者さんが使っていた言葉で、その言葉には、がんをも含めた自分自身を生かしている大自然の大いなる営み、その全てに対する畏敬の念と感謝が込められていて、先生の大切な言葉ということでした。

全体的には、第1章~7章から成り立っていて、先生が関わって来られた患者さんのことや、先生の考え方が大きく変わっていった経緯、先生の理念、最先端の科学、宇宙観、東洋哲学、これからの病院の役割等がわかりやすく書かれています。
読むにつれて、特に先生が関わられた患者さんの心のあり方にとても心がふるえて、知らない間にたくさん涙が流れていました。
身心一如(心と身体、肉体と精神はひとつのものの両面)といった東洋哲学と
”病を医するものは自然なり”と言った西洋医学の開祖ヒポクラテスの精神の西洋医学、その二つが結合すると素晴らしいと思いました。


7章の「これからの病院の役割」の最後に「病院」から「健康院」にしたいと願っていますという一文は、私たち患者側も願っていることです。
先生が思う健康院では、西洋医学はもちろん、東洋医学、鍼灸、アロマ、コンサート、タッチセラピー、栄養サポート、健康セミナーがあって、先生の病院では実現できているものも多くあるようです。

私に宝くじがあたったら、先生の思うような健康院を建てて、そこには、その他にバッチフラワー、レイキ、ヨガ、クラフト、パステル画、メイクセラピー、ネイルなどホリスティックな医療がたくさん集まるといいなと思うのです。
お金がない私のようなものは、妄想して終わるだけですが、余力のあるお医者様や民間の会社の方など集結していただいて、このような医療体制が広まってくれたらという思っています。

お金の心配をせず病院へ行けて、アロマやリラクゼーション等がお金のある人だけのものではなくて、老若男女、全ての人が共に分け隔てなく受けられるよう、長堀先生から先生の周りの先生へ・・・そして、またその周りへと広まってほしいと願ってやみません。


多くの方に読んでいただきたいと思います


長堀先生の紹介<白雪姫プロジェクトのHPより>
http://shirayukihime-project.net/nagahori-yutaka.html
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR