スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕で良かったんだよ★守本早智子

IMG_20131128_220821.jpg
著者:守本早智子
出版社:文芸社
定価:600円+消費税

「僕で良かったんだよ」
この言葉は、著者の守本早智子さんの息子さん良平くんが14歳で白血病を発症した時の言葉だそうです。
それからの6年間は、再々発、脳症と闘病生活がほとんどだったのですが、
そういう中でも良平くんは、人を思いやり、誰にも優しく、それは、こんなに暖かい家族があるからなんだろうなあ~良平くんは幸せだっただろうなと感じる本です。

誰でも命の期間が決まっているはずなのに、命を自ら捨てる人もいることを、良平くんは懸念していました。
大切な授かった命、良平くんのように一生懸命生きなくてはいけないと教えてもらいました。



そして、良平くんのお母さんでもある守本さんは、日本舞踊の先生であったり、劇団を持っておられたり、妻であったり、お母さん、おばあちゃんであったり、たくさんの顔を持っています
そして”体当たり白雪姫のお優さん”として、施設等を訪ねて高齢や病気でコミュニケーションが取れなくなっていると思われている方と、筆談や指談等でコミュニケーションをとる活動をされています。


そうすることで、みなさんに表情が出てきたり、また来て欲しいとか生きる意欲を引き出すことになっているようです。
施設の職員の方の意識も変わってきて、人として尊厳をもって接することでコミュニケーションが取りやすくなったということでした。

そんな、すばらしい優さんの本ですが、涙でぐしゃぐしゃになってしまいますので、人の多いところで読まないほうがいいかもしれません・・・

優さん、大切なこと教えてくれて有難う






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。