スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~ 感謝 ~山中敏彦 ”本についてと山ちゃんのこと”

感謝 本
著者:山中敏彦
発行元:イーフェニックス

~感謝~
この本は、ゴルフの途中に脳幹梗塞で倒れた著者である山中さんの肢体・言語など自由が利かなくなってからの葛藤や、病院でのこと、ご家族のこと、仕事のこと、メッセージ等が書かれています。
そして、「お世話になった人に恩返しをしたい」という気持ちでこの本を書かれたそうです。


山中さんの紹介:
・1975年1月5日生まれ
・仕事仲間とゴルフの途中脳幹梗塞を発症
・両手両足麻痺。喋れなくなる。
・病院にいるときに看護婦さんから紹介されたパナソニックの「レッツチャット」という意思伝達装置が使えることがわかり、
 その後日立の「伝の心」に変え、全ての方と意思疎通ができるようになる。
・「伝の心」と音声ツールを使い、講演多数。
 ※私の横浜での上映会&講演会の時にも、「伝の心」を使って素晴らしい講演をしてくださいました。(2016/4/9)


本のこと:
本の中では、自分がその立場になった場合、どう思うだろうと考える場面がたくさんありました。
・障がい者となり、毎日泣いて自問自答していた日々
・意思伝達装置で自分の気持ちが言えるようになるまでの誰にも何も伝わらなかった苦しみや辛さ
 ・・・・・など

この本にかかれている、山中さんの感じたことを多くの人に知ってもらいたいです。
話せなくても言葉があり、脳の病気で倒れたけれども、考えることもできるし、人の心がわかること、こんな想いでいること、このことがわかれば病院や介護関係の方たちの対応は全然違うと感じます。
一部には人として対応してくれない人もいるからです(本の中にも一部書いてありました)
また、知っていれば、自分にあったコミュニケーションを取る方法を見つけることもできます。


そして、何よりも感じるのは
山中さんのご両親がとてもあったかくて、強くて優しいことです。
山中さんのご両親は、どんな時も山中さんと一緒に行動を共にして、同じ気持ちになって、泣いて笑っています。
山中さんには家族の応援がいつも側にあって、そのことも強い気持ちになれるひとつなんだろうなって、読み終わったあとに思いました。










スポンサーサイト

~僕のうしろに道はできる~の映画の上映会&講演会を開催しました♪

~ハートオブミラクルのメルマガの上映会主催者のコーナー に掲載していただきました~

このコーナーは、主催者の方の投稿をご紹介しています。
今回は、「僕のうしろに道はできる」を通じて白雪姫プロジェクト広げようとしている
横浜のかっこさんこと中山和子さんに登場して戴きました。

***********************
4月9日(土)長年考えていた思いが叶いました。
白雪姫プロジェクト横浜~心の声を届けたい~というタイトルで、
ドキュメンタリー映画「僕のうしろに道はできる」の上映と講演会を
開催することができました。

「僕のうしろに道はできる」の映画を知ったのは、この映画に出演されている
山元加津子さんが「白雪姫プロジェクト」を立ち上げようとする少し前でした。
アメリカのロスでの上映会、岡山県総社市での1,000人大会、東京下北沢での初上映会、
下北沢の映画館トリウッドでのロングラン、「白雪姫プロジェクト」のホームページの
ブログで関係の本や情報を伝えることを始めて行くなかで、「白雪姫プロジェクト」を
知ってもらうためには、どうしたら良いかなあと考えながら、何年も経ってしまいました。
でも、その間に同じ思いを持っている仲間ができ、思いを言葉にして話すことができない
人たちと知り合い、交流する中で彼らからコミュニケーションの方法を学んでいます。

そんなことをしているうちに ~心の声を届けたい~ という言葉がおりてきたのです。
それは、私の伝えたい事でもあり、一緒に活動している仲間、そして言葉で話すことが
できない皆の声でもあると思いました。

「白雪姫プロジェクト」では、植物状態と言われていても、意識があり、みんなの声が
聞こえていること、回復していく方法があること。あるいは話はできなくても思い・言葉を
持っていること、コミュニケーションが取れることを伝えています。
このことをたくさんの人に伝えたくて250名も入る大きなホールを借りてしまいました。
無謀な私に誰も何も言わず、同じことを考えていたと言ってくれる仲間が、
まだこの映画のことを知らない人がいるはず、必要としている人がおられるはずだからと、
SNSだけではなく、地域のコミュニティーにもチラシを配布して、
まだこのことを知らない人に届いてほしいとお友達や知り合いの方に知らせてくれたり、
忙しいはずなのにたくさん動いてくれてほんとに感謝でした。
この仲間がそばにいてくれたから、頑張れた上映会&講演会だったのです。

映画では、脳幹出血で倒れた宮ぷーこと宮田俊也さんが回復していく様子が描かれています。
すぐに声掛けをし、身体を起こしていったり、独自でリハビリをしたり・・・
これまでの医療現場の常識とは違っていても、特別支援学校の先生であったかっこちゃんは、
回復する方法を子供たちから学んで知っていたから、大丈夫だと言えたこと等、
そのことを多くの人に知らせたいという思いがたくさんこの映画には詰まっているのです。
そして、その思いを全て受け取って岩崎監督が作られたこの映画は、愛でいっぱいです。

ただ、現状は、ほとんどの病院は寝たきりのままにさせていて、回復はできないとか
長くはないということをご家族にお知らせしてしまいます。
そのため、そういう方と関わって思ったのは、前向きになれず、回復しないと
思われている方が多いのです。
今、宮ぷーと同じような状況にいる人がいるとしたら、ぜひこの映画を見ていただいて、
病院任せではなく、かっこちゃんのようにやっていただきたいと思います。
そういう悲しい人たちを作らないようにするためにこの映画はとても大切だと
何回見ても思います。
そして、大切な人や自分自身がそうなったとき、苦しまなくても済むように
このことが常識になっている世の中に早くしなくてはと思います。

今回は映画の他に、かっこちゃんの講演と三年前脳幹梗塞で倒れた山中敏彦さんと
重度障がいの大野剛資さんの講演会も同時に開催しました。
コミュニケーションの取り方や方法たくさんあることを知ってほしかったからです。
山中さんは日立の「伝の心」というコミュニケーションツールや目や首を使って
意思を伝えています。
そして、自分の思いや出来事をパソコンに入力し、音声が出る機械を使って
各地で講演会をされています。今回もその方法で講演をしていただきました。
大野さんは指談の講師をされていて、今回もその方法の指談でお母さんが
大野さんの言葉を話していただく方法をとりました。

このように脳の病気であっても、それが後天的でも先天的であっても、皆わかっているんだ
ということ、それぞれに合ったコミュニケーションツールがあるんだということを
お伝えできたことが一番良かったことかなと思います。
 
もうひとつ良かったことは、初めてこの映画を観る方がたくさん集まってくださったことです。
それは、スタッフ全員がチラシを配って下さったり、そういうお友達に声をかけて
くださったり、配信の方法を考えて下さったことに他なりません。

ほんとにありがとうございました。
私の願いを叶えてくれた全てに感謝です。
そして、終わりではなくこれからもこのことを伝え続けます。

最後にこの映画を作ってくれたやっちゃん、おのっち、
ハートオブミラクルのきみちゃん、アルバさん、素晴らしい映画をありがとうございました。

4/9上映会

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
04 | 2016/05 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。