スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# GO!GO!白雪姫プロジェクトin金沢

金沢で初めての「僕のうしろに道はできる」の上映会とかっこちゃん、宮ぷーの講演会が12月13日にありました。
私は、金沢市出身です。でも金沢のお友達に白雪姫プロジェクトのことを聞いても知らない人が多くてまだまだなのかなあと感じていました。
今回は上映会、講演会のほかに、金沢では宮ぷーを初め、チーム宮ぷーのみんな、東京からは体当たり白雪隊の優さん、やさしい感性のきほちゃん、大阪白雪隊のみなさん、レッツチャットの松尾さん、スイッチの二宮さんが来てくれて、指談コーナー、介護コーナー、スイッチの作り方講座までやるとのこと。
こんなすごいこと普通ならないことです。これは金沢にいるお友達に伝えて是非きてほしいと思いました。何人かのお友達に声をかけたところ、いつも金沢に帰ると会ってくれる友達が、お友達まで誘って来てくれました。両親も来てくれました。
友達はこのイベント後、身近な大切なことだと白雪姫プロジェクトのことについてたくさん感じたことを話してくれたました。  
知らなければ、病院でそのままになっている人を起こそうとか思わないだろうということ。
みんな思いを持っているのだということ。
 自分の子供や大切な人がそうなったら、どうにかして治したいはず、その方法が
あるということを伝えているのだということをわかってもらえただけでも嬉しかったです。
 両親も何をやっているのかをわかってくれて、講演会でスクリーンに出た大切だと思うところをカメラにおさめてくれていました。そして、私が帰省するとかっこちゃんや宮ぷーのことを気にして話してきます。
ひとりでは、微力ですが、大勢の白雪姫プロジェクトに関わっていく人が増えると大きくなっていきます。
伝えていかなければ広がらない。
そして、宮ぷーは多くの人に支えられて頑張っています。
そのことを宮ぷーが音声を使って話してくれたのですが、感謝の気持ちがいっぱい言葉にしてありました。
そして、特別支援学校の時の教え子たちのことを思っての話がありました。
思い十分ではなかったと悔いるような発言だったようでしたが、
そういうことも宮ぷーの頑張りに繋がっていることを感じました。
決意を聞いて、もっともっとこの「白雪姫プロジェクト」のことが常識になっていくよう発信しなくてはと思いました。
宮ぷーのあいさつ文です。

(挨拶ここから)・・・・・
こんにちは、宮田俊也です。今日はありがとうございます。五年半前に僕は脳幹出血
で倒れ、一生意識も戻らずに、体も動かないまま、死ぬまでそのままと思われるよう
な障がいをもちました。けれども、今、ステージに立ち、こうしてみなさんにあいさ
つをすることができます。絶望しそうになったときに、一番の勇気になったのは、仲
間やたくさんの温かいみなさんの応援です。

今日はGO!GO!白雪姫プロジェクトというイベントです。介護法や指談やスイッチ製作
といった講習会があります。どれもとても大切な技術です。
もしスイッチがなかったら、レッツチャットがなかったら、今の僕はなかったと思い
ますし、介護法がなければ、まだ多くの時間をベッドで過ごしていたことでしょう。
けれどどれも、まだまだ広まってはいないのです。多くの方に知ってもらうことで、
ぼくのように、未来に光を見いだせる人が増えて行くに違いありません。今の僕は、
まだまだ回復途中ですが、必ず僕らしく生きていけるようにがんばります。
僕たちのような仲間をどうかみなさんの応援や支援で、みんなが自分らしく、誇りを
持って生きていけるように、どうかこれからもよろしくおねがいいたします。

今日は大阪白雪隊のみなさんが、共催ということで、たくさん来てくださっていま
す。大阪白雪隊のみなさんは、関西で意識障害になられた方のご家族に、介護法など
の技術を伝え、指談を使って思いを汲み取る方法を伝え、一人一人にあったスイッチ
の製作をしてくださっています。障がいを持った本人や家族は、絶望から救われまし
たとおっしゃるそうです。全国に、たくさんの白雪隊が誕生したら、どんなにうれし
いことでしょう。それがぼくの夢のひとつです。僕は、何も力になれませんが、回復
を観ていただくことが、ぼくのできることだと思います。頑張ってリハビリに取り組
んでいきます。僕のように、大きな障がいを持ちながら、生きることは、簡単ではあ
りません。けれど、僕は一度も希望を失ったことはありません。
それは、かっこちゃんが、必ず頑張れば、回復していくと、そばで言い続けてくれた
からです。そして、僕に深い思いがあることを、最初から知っていて、伝える方法を
探し続けてくれたからです。
僕は世界中にたくさんのかっこちゃんが誕生してくれたらと思っています。

僕は特別支援学校に、勤めていました。思いを伝えられずにいた子どもたちとも過ご
してきました。僕が今の体になって思うことは、子どもたちがなんと辛抱強く、僕と
いてくれたことだろうと、何度も思うのです。もっとできることはなかったとか、
もっと思いをていねいにきいてあげたかったと思います。
今更ながら、子どもたちにわびたいです。そして、改めて子どもたちから、たくさん
のことを教えてもらったことに、感謝したいです。僕の大好きな子どもたちのために
も、どうか、白雪姫プロジェクトを宜しくお願いいたします。

ここで、わたくしごとですが、皆さんの前で、僕の毎日を、ささえてくれているみな
さんに、お礼を言わせてください。
訪問看護師さんやディケアや、ショートスティでお世話になっているみなさんには、
何しろ、こうして、言葉を打つのに、時間がかかるため、してほしいことばかりを伝
えて、他の話などもせずに、すみません。
とてもよくしていただいて、感謝しています。

妹には毎日洗濯や準備などありがとう。そして倒れる前までは、ずっと入院している
母のことを二人でできたけれど、すっかり、任せっきりになってしまいました。すま
ないと思うし、すごく感謝しています。妹には、いつもしあわせでいてほしいと思っ
ています。
母のことだけでなく、にいちゃんのことまで背負わせてしまい、本当に申し訳ないで
す。少し肩の力を抜いて楽にしていてほしいな。

かっこちゃん、六年間も、毎日来てくれるのは、ほんとうに、強い人です。数え切れ
ないくらい、お世話になっています。
僕の一人暮らしの夢のために、大好きな子どもたちといる仕事までやめさせてしまっ
たのではないかと思います。
心配なのは、熱があっても、辛くても、大丈夫と言って、僕のところに来ることで
す。もっと体を大切にしてほしいです。そんな中で、白雪姫プロジェクトを広めるこ
とに、一生懸命です。

それから、チーム宮ぷーのみなさん、リハビリや通院や、旅行など、忙しい仕事や家
事があるのに、僕のために、いつもありがとうございます。
人の心の優しさや信じられるということを教えてくれてありがとうございます。どう
かずっとなかよくしてください。
それから、たくさんのみなさんに、心から感謝しています。この体になって、可哀想
と思う人もいるかもしれませんが、僕はとても幸せです。今日はありがとうございま
した。
(挨拶ここまで)・・・・・


誰でも思いは持っていること、意識がないように見えてもちゃんとわかっていること、聞こえていること・・・そのことを伝えている「白雪姫プロジェクト」のことが、世界中に広がっていくことが願いです。

そして、多くの方に知っていただけるよう、葉書、ステッカー、名刺、ができました。かっこちゃんデザインのとてもかわいい応援グッズになっています。私は車の後ろにステッカーを貼ってます。

葉書は、10枚1セット500円 10セットから
ステッカーは1枚1,000円 3枚から
名刺は100枚 500円から 白雪姫プロジェクトの名前やHPのアドレス。QRコード。説明などが書いてあります。
お問い合わせは小林さんへお願いします。
小林さんが窓口です。symphony@mbe.nifty.com

1897728_610371565739264_698897837343647725_n.jpg
10574350_610371442405943_1619090314205568056_n.jpg

応援の方法はたくさんあります。
http://shirayukihime-project.net/


どうぞ宜しくお願いします。
スポンサーサイト

スイッチの二宮さんが倒れられたそうです。毎日夜8時に祈ってください

白雪姫プロジェクトを支えてくださって、スイッチを作ってくださっている二宮さんが倒れられたそうです。

今日のメルマガで、毎晩8時にみんなで心をひとつにして祈りませんかと書かれてありました。

祈ります。。。。どうか二宮さん、頑張ってください。

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。