スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護アロマのこと♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

ホリスティックな医療や介護が広がるといいなと考えている3人で
cure with aromaという名前で介護アロマを広めています。

cure with aroma

介護施設や病院で、アロマテラピーを取り入れているところも増えてきていますが
日常にアロマを取り入れることが、当たり前のようになるように活動をしています。
・介護施設では、アロマを取り入れたハンドケア、フットケア、フェイシャルケアをさせていただいています。
・2ヶ月に1度、身体に優しい食事を提供してくれる、新百合ケ丘のカフェ・サンテさんをお借りして、自然食ランチを食べながら介護をしている方との交流会「土曜日はcureブランチ」を開催しています。
・その他、講座やイベントを開催しています。

その活動の勉強にもなるので、よくクラフト作りをしたりしています。
今日は、身体に優しい「みつろう」を使って、みつろうクリームとみつろうキャンドルを作りました。
ローズウォーターやホオバオイル、カレンデュラオイル等を使って
気持ちにもお肌にも優しいクリームを友人・活動仲間のララさんと一緒に作りました。
キャンドルは少しクリスマスを意識し、ほんのり優しい香りの精油を入れました。

IMG_20141127_204225121.jpg


レシピは、毎年12月に開催する「介護アロマ」のイベントでお渡しする予定です。
今回は「優しい気持ちになれるミツロウ特集」として、ご紹介しようかなと考えています。

今回のイベント「第2回私の町の介護アロマ」では、アロマを取り入れて訪問看護をされている二人の看護師さんのセミナーです。
仕事関係者の方はもちろんですが、ご家族様やアロマにご興味のある方等、どなたにも知っていただきたい内容となっています。
詳細は下記のとおりです。

◆セラピストも介護者も一緒に学べる 第2回私の町の介護アロマ

現役看護師、アロマセラピスト2名の講師の方に、在宅看護の中での取り入れ方、
また、フットケア、爪カットの実技等を教えていただきます。
http://urx.nu/ea7j

開催日程:2014年12月6日(土)14:00-17:00
参加費:5,000円
会場:サンパール荒川(都電荒川線 荒川区役所前 徒歩2分)

イベント終了後、交流会があります(任意参加)
3,000円程度

【問合せ先】
cure with aroma
坂内・中山・渡辺
お問い合わせ


※アロマ体験は、随時行っていますので、ご興味のある方はお声がけください。
スポンサーサイト

11/27メルマガより♪゜・*:.。. .。.:*・みんな違っていいのだ゜・*:.。. .。.:*・♪~宮ぷーこころの架橋プロジェクト~

毎日8時になると「白雪姫プロジェクト」のかっこちゃんからメルマガが届きます。
今日は、あかねちゃんからのメールが紹介されていました。

このメルマガを初めて読まれる方へ 
メルマガの生い立ちをこちらのページに書いていますので、ご参照ください。
http://ohanashi-daisuki.com/info/story.html


素敵なあかねちゃんからのメールです。
(メールここから)・・・・
昆虫博士はっけん!!
昨日、公園に行きました。なんだか、お母さんに、
いっぱい、怒られている子が、いました。
「また?だめでしょ。そんなに、土を、掘り返したら、いい加減にしなさい!」
あかねは、その子を、じーっと、観察していました。そうすると、なぜか、
柔らかい土を、一生懸命掘っています。一歩、一歩、近づいて行って、
「僕、何やってるの?」「あのね、見て、こんなに、小さい、ムカデだよ」
あかねの目には、小さくて見えないほど、それでも、何か動いています、

「あーすごいね。」「うん、ほら、此処にも、芋虫さんだ よ」と、小さな、おててで、
見せてくれます。お顔も、手も、土でいっぱい。でも、お母様が、お話の途中で、
「この子、もう、本当に、育てにくいんです、何時でも、虫を、探すんだ!と言って、
出て行きます。追っかけるのに必死なのです」といいました、あかねは、「きゃー、
なんて、素敵なんでしょう。
お子さん、きっと、行くは、昆虫博士になるんじゃないですか?」というと、
お母様は、苦笑い。

でも、あかねが、こんなお話を、しました「私にも、もうすぐ、21歳になる息子が、
います。息子は、興味を、示すものは、ブロックでした、
お外遊びが、嫌いで、公園に行っても、すぐに、お家に帰りたがりました。
だから、私は、この子にとって、1番心地いいことを、してあげよう。と思いました。
そして、今になって、息子は、言いますよ。ブロックで、遊んだ、創造力は、
今につながっているから、かあちゃん、ありがとうね、って、
子どもの、興味って、それぞれだと思うんです。私も、初めは、息子が、お外遊びを、
しないことに戸惑いました。
でも、私自身も、21歳で、子どもを産んで、まだ、無知だったのかもしれません。
それでも、やっぱり、人は、駄目と言われると、やりたくなるし、
未来は、無限ですよ、どうか、「今」のお子さんの素敵なところを、
いっぱい、ほめてあげて下さいね」と言うと、お母様が、涙を、流されました、

「この子、みんなと、違う、成長も、
すぐに、自分の 世界にはまってしまって、何か、発達にしょうがいが、あるのでは、
ないかと、心配で、、、」
と、あかねが、「うん、お母様の気持ちも分かります、でも、私、発達しょうがいが、
あります。それでも、今、
こうして、お母様と、お話が、出来て、幸せだし、貴女の息子さん、最高に、可愛い
ですし、ものすごい、個性が、たっぷりで、素敵です、
本当に、素敵です、貴女を、選んで生まれて来たんですよ」というと、
すごく、笑顔のお母様が、おられました。その間も、お子さんは、本当に、夢中で、
昆虫を、探していました。

あかねね、思ったのです。「子」にとって、それは、「したいこと」「親」にとっ
ては、「いけないこと」でも、
優位は、付けられないけれど、やっぱり、「子」は、「個」なのです。
意思が、しっかり、あって、「意味」も、あってやっている、『行動』なのです。
それを、その「芽」を、うまく、引き出して、あげられるのが「親」
忙しいからとか、それは、親の事情、そして、子どもの事情もあるものです。
初めての子育ては、だれでも、戸惑うものです。
でも、石ころにも、「意思」があるように、みんな、「意思」がある。
そして、いつか、親から、巣立っていくのです。
その時、辛いことでも、必ず。未来は、きっと、美しい。
あかねも、素敵なお子さんに、出会わせてもらって、心が、ほっこり、しました。

(メールここまで)

たくさんの芽を摘んじゃったな~と反省・・・
せっかく選んでくれたのに・・・もう大きな大人になってしまいました。
お会いしたことがないあかねちゃんですが、
あかねちゃんの言葉はいつもはっとさせられて、大切なことは何かを教えてくれます。
ありがとうございます。
 

白雪姫プロジェクトの葉書とステッカーができました

白雪姫プロジェクトをお知らせする葉書とステッカーが出来ました。
かっこちゃんデザインのかわいい白雪姫がピンクいろに囲まれて書かれています。

10730936_610371512405936_8871829729066013859_n.jpg

応援してくださる方は、小林さんにご注文お願いします。
葉書は10枚1セット500円で10セット以上
ステッカーは1枚1,000円で3枚以上
からの申し込みから受け付けるとのことです。
お申し込みは、小林正樹さんsymphony@mbe.nifty.comです。


嬉しいお知らせも届いています。
仙台に住んでいる宮ぷー心の架橋プロジェクトと白雪姫プロジェクトの応援快調のとよちゃんが
操体法の学院の先生に白雪姫プロジェクト」のステッカーとハガキを拡大コピーして貼っていただいたそうです。
白雪姫プロジェクトのことを説明したら、先生方は真剣に聞いてくださったとのこと・・・とよちゃんの気持ちと説明が届いたのですね。
10675663_745685812169691_3783771716506133173_n.jpg


【おまけ】
私の車の後ろの窓にステッカーを貼りました。たくさんの人に見てもらえたらいいな
1506446_611212152321872_3237031106442595974_n.jpg

かっこちゃん&マコさんの2人展のご案内

かっこちゃん

奈良の画廊飛鳥さんで11/22~かっこちゃんとサンフランシスコのまこさんの2人展が始まります。

マコさんの紹介
マコさん

かっこちゃんの紹介
「白雪姫プロジェクト」のHPをご覧下さい。
白雪姫プロジェクト


22日と23日は、混むと思われます。

下記の詳細をご覧のうえ、お立ち寄りください♪


【詳細】

11月22日からの「山元加津子・西田マコ 2人展」 について 

ご覧の通り、全ての作品にメッセージが添付されています。

販売済の作品も会期中は全て展示予定です。


作家が不在でも十分に楽しんでいただけます。

22日・23日の作家在廊日に集中されると

全ての作品をゆっくりご覧いただけない事もあろうかと・・・

会期はゆっくり12月7日まで(火曜日休み)開催いたしますので

あわてずご来廊いただくことをお勧めします。

勿論、何度ご来廊いただいても結構です(*^^)v

今回の展覧会は作家西田マコに力を借りて、山元加津子が本格的に作家デビューする展覧会。ゆっくりと絵画鑑賞をしていただきたいとの作家の想いから、作家在廊の下記両日、来廊者が集中した場合は30名づつ30分きざみでのご入場とさせていただきます。

※ 講演会・上映会ではございません。
  静かにご鑑賞をお願いいたします。

11月22日11:00~16:30(最終入場)17:00閉廊(場合により延長)
11月23日11:00~16:30(最終入場)17:00閉廊(場合により延長)

◆整理券の配布(集中した場合のみ)
  10時30分〜配布 1日360名まで受付順
  11時~入場30名 30分刻み

◆車椅子の方、障害をお持ちの方は、整理券に関係なく優先で入場してい  ただきます。

◆画廊飛鳥は近鉄吉野線「飛鳥駅」の改札口から約300mに有ります。

  駐車場は関係者障害者用に確保する為、一般の方はご遠慮ねがいま  す。
  以上から公共の交通機関(電車・バス)をご利用ください。
 (二駅隣の橿原神宮前駅界隈のコインパーキングなど多数あり)

◆トイレなどは 事前に飛鳥駅や駅前の案内所横でお済ませください。

◆記念グッズ販売
 サイン入り エプロン エコバック(各10点ずつ ¥5000)

◆募金箱を一つ設置(東北復興支援、白雪姫プロジェクト、地域社会)   

◆展示している作品は展覧会終了後に着払いにて発送させていただきます。

   以上ご理解ください。
                  画廊飛鳥  喜多龍之助

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。