みんなでひとつの命を生きてきた~南アフリカとマンデラさんと動物たち~★山元加津子

51K9RpJKrEL__AA278_PIkin4,BottomRight,-52,22_AA300_SH20_OU09_
著者:山元加津子
発行者:井上竜一郎
発行所:一般社団法人ろばの耳
金額:750円

かっこちゃんこと山元加津子さんが、年に一度、お仲間と行かれる旅の一つ、南アフリカでの旅行記です。


南十字星も見える南アフリカは、満天の星空が広がっているそうです。

かっこちゃんが出演している「宇宙の約束」の映画の中の挿入歌に満天の星という歌があります。

満天の星 山元加津子作詞/作曲

~宇宙のひとつでいよう~

この歌のような、壮大な星空や、サバンナの動物たちの夜の目の輝きや・・・その場にいるような空気を感じられるような本です。

この本の副題にもなっていますが、南アフリカと言えば、アパルトヘイト.
アパルトヘイトと言えば、マンデラさんが思い出されます。
ロベン島は、マンデラさんが長いあいだ留置された場所とのこと。
ロベン島で、留置所を見学された時のお話が心に残りました。
ロベン島でのガイドのトーザさんは、マンデラさんと同じ時代にその留置所に囚われていたそうです。
その後、その留置所を出てからはマンデラさんの運転手をされていた方とのことでした。
トーザさんはわざと捕まるようなことをされたそうです。
どうしてかとかっこちゃんが尋ねると
”物事を変えるためには犠牲が必要。未来の子供たちの生活が変わるのであればその犠牲はいとわない”
と答えられたそうです。
「全ての人の幸せにつながるのなら、自分の犠牲はいとわない」と・・・・

かっこちゃんもこの本に書いていますが、「1/4の奇跡」の映画のお話と重なりますね。

誰かの犠牲があったから、私たちは今の時代に生きていられること
ずっとずっと命はつながっていること
全ての人も動物も植物も、ずっと昔から宇宙のひとつ
何かがかけると、何かがくずれる。みんな大切。みんな大切。

かっこちゃんのどの本を読んでも、優しさに包まれるような暖かい気持ちになります。

★この本は、電子書籍になります。購入はネットでできます。スマートフォン用、タブレット用に
無料のkindleのアプリがあります。それをダウンロードすると、その電子書籍が読めるようになります。
  購入は・・・

みんなでひとつの命を生きていた!電子書籍
スポンサーサイト

「僕のうしろに道はできる」1周年イベントin東京

http://www.heartofmiracle.net/hotnews/hotnews0012014.html

2014年5月10日に東京のオリンピックセンターにて、ドキュメンタリー映画「僕のうしろに道はできる」の上映会と出えんしているかっこちゃんこと山元加津子さん、監督のやっちゃんこと岩崎靖子さんの講演会、第2弾に続きそうなショートムービー、そして、白雪姫プロジェクト・ハートオブミラクルを応援してくださっているヴァイオリニストの竜馬さんの公演がありました。

この映画は、宮ぷーこと宮田俊也さんが平成21年2月20日に脳幹出血で倒れた時からの回復の様子や宮ぷーの思い、そして宮ぷーに続いて、リハビリや病気と頑張っている仲間たちの映画です。
宮ぷーが絶対回復することがわかっていたかっこちゃんは、お医者さんに「大丈夫です」と言いますが、お医者さんは、かっこちゃんの言葉に、”悲しみのあまりおかしくなってしまっているようだ”と感じたようでした。
脳幹という、意識や覚醒に関係する重要な部位からの出血なので、今までの症例からそう思うお医者さんは多いのでしょう。
でも、かっこちゃんは、ずっと特別支援学校の先生をしていて、生徒さんたちから色んなことを教えてもらっていたので、体を揺らすことや、顔を近づけて目を見て話しかけることや、体を起こすこと・・・・たくさん知っていました。
そのことから、そうしていくことで宮ぷーも回復するということを確信していたのです。

倒れてから、毎日声かけをするうちに、目で合図ができるようになり、あかさたなスキャンができるようになって、宮ぷーの思いがわかるようになりました。
リハビリで少しづつ手が動くようになり、スイッチを動かせるようになり、レッツチャットという言葉を選んで言葉にできる機械を使えるようになりました。


レッツチャット

そして、車椅子に乗ってお散歩に出かけたり・・・・


1周年特別企画の「ショートムービー」では、今の宮ぷーの最新の様子が映っていました。
車にのって背筋をピンと立て、金沢から高山まで旅行に行ったり、カレーライスを食べていたり、
家に戻ってひとり暮らしを始める準備も着々と進んでいるようです。


この映画とともに白雪姫プロジェクトというプロジェクトが立ち上げられています。
植物状態と言われている人にも思いはある、そして回復することができることを伝えています。



白雪姫プロジェクト


そして、かっこちゃんの講演会の時に、客席から紹介があったゆみちゃんのお母さんのお話がとても嬉しかったので紹介します。今日の宮ぷーのメルマガにかっこちゃんが書いてくださっているので、そのまま、一部引用させていただきます。

宮ぷーのメルマガより
~~
ゆみちゃんはレッツチャットも使えるようになって、どんどん自分の
思いを語り出しました。総合病院で、機械を持っていたら、なぜかお医者さんが「そ
れは何ですか?」と怒り出してしまわれて、説明をするより、実際にゆみちゃんが見
せればいいと、お母さんは想われたときに、ゆみちゃんは「ゆみです。よろしくおね
がいします」とほっぺでスイッチを押して、挨拶をしたそう。先生は急にゆみちゃん
に「ごめんね。長く脳外科医をしていたけど、こんな機械があることを知らなかっ
た。これからは伝えます」と言われたそうです。~~

メルマガここまで

脳外科医の先生のように、実際に見ないと信じていただけないことのほうが多いと思うのです。
レッツチャットのことも知らない先生がたくさんいるかもしれないことを考えると
メーカーが説明会を開いて実際に見ていただけると、レッツチャットのスイッチが押せる人はもちろんだけれど
どこも動かせることができなかったり、動きすぎてスイッチが難しい人でも、思いは持っているんだということだけは
伝えられるのではないかなと思ったりしました。

難しいのかなあ~


その日の最後は、このプロジェクトを応援してくださっているヴァイオリニストの竜馬さんの公演がありました。心の琴線に響く音で自然に涙が溢れてきます。

その竜馬さんが、これからライブ等をするときなどに、白雪姫プロジェクトのワッペンをしてボクシングの試合をしてくれているまささんのように、何かそういうものをつけて出てくれることを話してくださいました。
みんなで喜びました。ありがとうございます。



竜馬


1周年記念は5月31日に大阪でもあります。どうぞお誘い合わせのうえ、ご覧いただけたら嬉しいです。

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR