スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護アロマ★第2回cureブランチ~メイクセラピー~

4/12に新百合ケ丘にある”cafeサンテ”さんで「メイクセラピー」の講座と実際にメイクでなりたい自分になってもらうブランチ会を企画しました。
東向島でLightというサロンをされている大井直子先生にお願いして、ランチタイムも入れて11時頃~15時くらいまでを楽しんでいただきました。

<メイクセラピー>
短時間で変化を体感してもらうことができるのが特徴です。より自分を好きになってもらうよう前向きなアプローチをしていくセラピーです。


一見、メイクが介護?って思われるかもしれないのですが
前向きになれるきっかけになったり、
介護をしている施設のスタッフの方が優しく見えるメイクをすると利用者さんにもっと安心感を持たれたり、
気分転換になったり・・・
特に女性は、メイクをしてもらったりすると、いつもと違う気分になったりできるのではないでしょうか。
高級な有料老人ホームでは、大手企業がメイクで入っているのは当たりまえだそうです。


今回の講座では、生まれ持った顔立ちから人が思う印象と自分の思いと違って見えることで、
しんどかったり、悩んだりすることもあることから
まずは、ふたりひと組になって、印象をお互いに伝え合い、それをわかった上で、なりたい自分に近づくような
メイクを半分の顔だけにして、どう違うか見てもらいました。

DSC_0010.jpg


半分メイクの顔で、ランチの時間になったので、
ランチをいただきながら、参加されたみなさんのお話や情報を交換し合いました。
いつものように、ランチは身体に優しい食材ばかりです。
DSC_0012 (1)


デザートはキャロブケーキというカカオに似た豆を使用したケーキと
サンテさんのオリジナルブレンドのコーヒーでしめくくりました。
DSC_0020.jpg


その後、また残りのメイクをして、変わった自分を体感していただくことができました。



※先生のメイクグッズは、オーガニックのものを使用されていたので、アトピーの方にも優しかったです。


★おまけ情報★
私たちcureの仲間もそれぞれ自分たちで化粧品を作っています。
自分の肌にあったものを自分で作れることもそうですが
無添加のものなので安心して使えます。
自分の肌の調子に合わせたり、夜用、昼用の化粧水、保湿用の全身クリーム、乳液等作って楽しんでいます。
ちょっとした至福の時間です。
植物の自然の香りが、作っている時も、つけている時も幸せを運ぶのかもしれないですね。

スポンサーサイト

ドキュメンタリー映画~日本一幸せな従業員をつくる~

associa.jpg
監督:岩崎靖子
配給:ハートオブミラクル


名古屋を皮切りに、大阪、神奈川、東京都・・・満員御礼となり、見ていただいた方は、暖かい気持ちを持って帰っていただいているようでした。映画で泣いたのは初めてという男の方や、この幸せをみんなに届けたいという方など多くの感想をいただきました。

自分のことを常に見ていてくれる人がいる、分け隔てなく接してくれる人がいる
それが、みんなに伝わるから、従業員は、会社のために、お客様のために家族のために頑張れる・・・・

しょうがいがあっても、みんなと一緒になって働く場所があること。
学校などでは、仕方ないわ、このぐらいでいいわ、とされることがあって、とても悔しい思いをしていたけど
きちんと叱ってくれたことがとても嬉しかったと言う言葉に

世界中、みんなが同じところにいて、みんな人として上下関係ない世の中になればいいなと私は思っているのだけど
私自身の気持ちに、少しでもできたらそれでいいのではみたいな、上から見ているようなことを思っていたかもしれないと考えさせられました。


自分の息子の話になりますが、3人兄弟の一番下で3月生まれ、小さく生まれていたために、小さい頃は近所のお友達と鬼ごっこをしても、足が遅くて誰かを捕まえることができなかったのです。そのため常におまけという存在で、一緒に遊んでいる子供たちの中で暗黙の了解のもと、息子は鬼になることはなく絶対につかまらない存在でした。言うなれば、ただ鬼ごっこが終わるまで走っているだけなのです。
私は、それがとても悲しかったのですが、本人は何も知らずにただ楽しそうに走っていました。
自分の意見を言える年頃になっても、そういう風にされていたら、きっと悔しい思いをしただろうと思います。
ただ、小さい頃だけで終わったので、私だけが悔しくて悲しい思いをするだけで終わったのです。
でも、一般的に今の世の中では、しょうがいのある人や心の繊細な人は、ずっとそういう悔しい思いを隠していなければならないことが多くあるのだと感じました。

自分のやれることは、誰だってやりたい。これは、老若男女誰でも同じです・・・・もし、その時うまくできなくても、次にはできるようになりたいし、何をしても大丈夫だよというスタンスは、自主的な行動ができる。上が見守ってくれるということは、絶対に上に嫌な思いをさせてはならないと下が必然的になる。
ほら・・・もう自然界のように、くるくる回るいい社会になるのです。
優しい考えが下に伝われば、お客様に伝わり、お客様もクチコミでまたお客様を連れてくる、そして会社は大きな会社になる

目の前の利益ばかり考えて、何かを省くと大切なものがなくなっていく・・・


この映画は、ホテルの話ではあるれど、
人が活き活きわくわく、明日に進めむために必要なことをたくさん教えてくれていたような気がしています。

そして、何よりも暖かい涙がとめどなく流れ、暖かい気持ちになります。


まだ、見ていないかた、もう見てしまったかたも、全国各地での上映会、
そして、大阪、東京の映画館でも上映してくださりますので、是非見てください。


http://www.heartofmiracle.net/schedule/schedule06.html

介護アロマ ~土曜日はcureブランチ~2回目開催のお知らせ


1月に初めての試みで開催しました、cureブランチ♡

1月の1回目は、手ごね石鹸作りをしました。
手ごね石鹸は、高齢者の方には、少し固くても多少の加減ができるため、手の運動にもなります。
そして、介護される人も、する人も一緒にでき、優しい香りに包まれて、穏やかな気持ちになっていただこうという
コンセプトのもと開催しました。

IMG_20140118_113245970_20140410013759f42.jpg


4月は2回目です。
今回はあと2日しかありませんが、キャンセルの方がでましたので
急遽お知らせをしています。


今回は、
メイクセラピーサロン「Light」の
大井直子先生をお招きして、メイクセラピーのプチレッスンを開催します。


「メイク」と「介護」。
かけ離れているかと思いがちですが、
とても大切なことと大井先生はおっしゃいます。
その関連性もお話していただきます。


ブランチを楽しくいただきながら情報交換~
あたたかいサポートの輪が広がっていきますように♪

植物のパワーと人のぬくもりで、
たくさんの人が幸せになれますように~

セラピストネットワークcureは介護アロマの普及に努めています。

<第2回目プログラム>

1) メイクで「なりたい私」へなろう。
  【What's メイクセラピーー?】
   変わりたいけど「なりたい私」ってなんだろう?
   カウンセリングでしっかりお話を伺い、周りの人から「見られたい私」   をしっかり引き出し、それからメイクを進める技法です。
  
*今回のcureブランチでは、あらかじめ講師が準備した「なりたい私」を
  参加者の方にお聞きして当日は、ワンポイントレッスンをしてくださいま す♪

2) 体想いのカフェ、Cafe Santeさんによるブランチ
               (デザート、スコーン付♪※写真は前回のイメージ)
IMG_20140118_121505429.jpg
~介護とアロマの交流会~





<日時>
H26年4月12日(土)11:00~13:30

<場所>
Café Sante 小田急線百合ヶ丘駅から徒歩15分
           (百合ヶ丘駅からバスもあります)

<会費>
3,000円(ランチ代込) 
*cureフレンド割引*
セラピストネットワークcureのイベント・セミナーにご参加されたことのある方は500円引き

<定員>8名様

<お問い合わせ>
セラピストネットワークcure
kakko1248welcome@hotmail.co.jp

ほのぼのしたおはなし~会いに来たよおじいちゃん~

尊敬する知り合いの方から、素敵なメールを見せていただきました。
おじいちゃんとおばあちゃんは、ずっと違う病院にいたらしいのですが、色んな計らいや思いのもと
一緒な病院に行けることになりました。
偶然のような必然のような・・・お目にかかったことのないおじいちゃんとおばあちゃんだけど、その情景を考えただけで涙が溢れました。なんだか良かった。会えて良かった。会いたかったんだろうなと思うだけで涙がでます。

ブログに載せてもいいですかと聞いたところ快く了承してくださいました。ありがとうございます
以下、そのままのメールの内容です。


~メールより~

千代さんは、車椅子に乗り、点滴をしながらお爺ちゃんの部屋に来ました。お爺ちゃんは、千代さんを見るなり、キョトンとしていましたが、すぐ分かり、ベットから右手を思い切り出しています。

その手を捕まえ様と、千代さんは車椅子から身を乗り出し、左手を差しだしやっとの思いで、手と手を重ねました。

最初は、お爺ちゃんが、お婆ちゃんの手の上に重ねて、愛おしそうに撫でていました。 撫でている内に次は、お婆ちゃんがお爺ちゃんの手を下にして(お爺さん)と言う様にその手を、二回軽くトントンと叩きました。

お爺ちゃんも優しそうな顔していましたよ。ほんとに会いたかったんだなぁ~と思いました。

お婆ちゃんは、嬉しいのか、悲しいのか、悔しいのか良く分からない顔をして、涙ぐんでいました。



とてもとても複雑な思いだったと思います。



お爺ちゃんも、千代さんから言葉が出ない事、心配そうにしていましたが、隣の部屋にいるからね。と、言うと、コクリと頷いていました。



5分位の再会でした。



お爺ちゃんに感染性があるらしく、今血液検査中です。だからお婆ちゃんとの面会も長く出来ないみたいです。



お爺ちゃんは3階の307号室です。個室です。

主治医は同じ先生です。



お爺ちゃんも少し、言語障害みたいになっています。禁食一週間~10日間になるので、そのせいで言葉に力が無いように見えますが、良く分かりません。



お爺ちゃんも2年半前に脳幹梗塞を起こしています。幸い後遺症はなく、快復しましたが、脳動脈瘤があるので、破裂したら、クモマッカになるので心配。



この言語障害がどこから来ているのかも、含めて検査しています。



本当に爆弾抱えて、良く転院出来たな…と思っています。



取りあえず一緒の病院になり、一段落です。



後は病院と先生やスタッフにお任せし、安心安楽な生活をしてくれる事を望みます。



きょう、お爺ちゃんに、口から食べれなくなったら、何もするな!と言われました。よってお婆ちゃんと同じように自然に…と言う事になります。

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。