スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かっこちゃん(山元加津子さん)の初監督映画…今週の土曜日です



銀河の雫http://eiga377.wixsite.com/robanomimi-eiga

9/3(土)仙台で初上映です。
映画の編集のお話し、ハートオブミラクルの映画の編集をしているおのっちが
手伝ってくれてたんですね~
優しいあったかい映画なんだろうなあ
多くの人と一緒に見たいです~

今日のメルマガです




映画を作ろうと思ったときにてっちゃんが「誰が編集するの?」と聞いてくれました。
「私」と言うと、「姫、できるの? したことがあったっけ?」とてっちゃんが言い
ました。「ううん、今からするの。初めて」というと、てっちゃんはすごくびっくり
して、「せっかく映画撮るのに、それはやめたほうがいいんじゃないかな?」とてっ
ちゃんは心配してくれました。

アルバさんに相談したときも、「何月に上映会?」と聞いてくださって「9月3日」
と言うと、まだ映画も撮っていないときだったので、「えーーー!!それは無理じゃ
ないかな」とやっぱり心配してくださいました。それくらい、たぶん無謀なことだっ
たのだと思います。本当に、何一つ知らない私に、1から、方法を教えてくれたのが
小野っちでした。夢中で私が作ったものは、音もひどく、つなぎ目もガタガタで、大
変なできだったと思います。それを、何度もやりとりしながら、小野っちは全部細か
なところまで直してくださって、そして、失敗しても、わからないところだらけでも、
全部優しく教えてくださって、私は小野っちは、神様みたいだとか、天才だと何度
思ったことでしょう。小野っちはどんなふうにこの映画を感じてくださったのでしょ
う。ハートオブミラクルのメルマガに書いてくださいました。

<引用ここから>・・・・・・
みなさま

いかがお過ごしでしょうか?
おのっちこと、小野敬広です。
いつも、ハートオブミラクルを応援していただき、ありがとうございます。

さて、みなさんにお知らせです。
先ほど、かっこちゃんこと、山元加津子初監督作品「銀河の雫」完成しました。
皆さん、拍手!パチパチパチパチパチ

この銀河の雫ですが、
編集中は、なかなか、通しで見る事はできませんでしたが、
完成してから、通しで見てみると、「素敵!うふふ(ハートマーク)」に、なってし
まいました。
とても、シンプルで、わかりやすく、かっこちゃんワールドを感じます。
あっという間の1時間36分。
で、何が、うふふ(ハートマーク)かといいますと、
ここで、言っちゃうと、お楽しみが無くなりますので、ちょこっとだけ。

ネパールという国そのものの凄さ。うまく書けませんが、人間そのもの。これぞ、人
間の幸せ。そんな言葉が浮んできます。
ここで、「ふふふ」で。
それから、かっこちゃんの付き人の小林さんの優しさ。ここで「(ハートマーク)」
に、なっちゃいました。
(以前1/4の奇跡が完成したころ、何かあったら、わざわざ、新幹線で飛んできて
くれた小林さんを思い出します。)

さて、なぜ「銀河の雫」という題名なのか。あえて、僕はかっこちゃんに題名の意味
を聞いていません。
この題名に、なにか謎が隠されている感じがします。
是非とも、その謎を感じて下さい。

とても、初上映会が楽しみですね~~~~
9月3日ですよ~~~~クミ、くみ、KUMI~~~~。くみさんというお名前のかたは、
是非とも、仙台へ(笑)
上映会の場所は
http://eiga377.wixsite.com/robanomimi-eiga
へ。

この「銀河の雫」の映画ですが、配給は「ろばの耳」でします。
なんと、この、ろばの耳の代表が、「僕のうしろに道はできる」の宮ぷ~こと、宮田
俊也さんです!
靖子監督からも、上がっていましたが、9月3日の初上映会に、宮ぷ~が、舞台で挨
拶します!
以前も、僕道の上映会で、宮ぷ~が舞台挨拶をした事があるのですが、その様子を撮
影してたのですが、もう、涙がでてきて、手が振るえ、しっかりと撮影しなくちゃと
おもい、話しを聞かない様にしていたのですが、どうしても、耳に入って来て、メ
チャクチャ、こらえていたのを覚えています。

今回は、僕は他の仕事で、記念すべきこの初上映会にはいけないので、撮影は、靖子
監督におまかせですが、
靖子監督!三脚、絶対いるからね!で、涙でると思うんで、ハンカチ!いや、タオル!
いやいや、バスタオル、必要ですぞよ!
おっと、業務連絡になってしまいましたが、失礼。
ぜひとも、銀河の雫ですが、皆さん、見て下さい。

そうそう、宇宙の約束という映画がありますが、この映画の続編???って感じもし
ました。
「宇宙の約束」「銀河の雫」と、字を並べるだけでも、神秘的に感じませんか~~~~
なんといっても、地球を飛び出しているんですよ~~~宇宙と銀河ですよ。しかも、
約束に雫。
何?何?何????普通に想像できないですけど。これぞ、山元加津子ワールド。
もしかしたら、この2つの映画、連続で見ると、すごいかも。
まだ、連続で見てませんが、何か、発見するかも。編集していて、なんとなく、そん
なこと感じました。

さてさて、今日、上映用のDVDを制作して、明日、そのDVDを、ろばの耳へ、発送し
ま~~~す。
みなさん、映画、楽しみにしていてくださいね。

おのっちでした~~~~
<引用ここまで>・・・・・・
小野っち本当にありがとう。もし、小野っちが、こんなに優しく手をさしのべてくだ
さらなかったら、映画は決して完成しなかったと思います。てっちゃんとはるちゃん
もそう。そしていま、多くの仲間が映画を支えてくれています。
字幕があっているかどうか、とよちゃんとしげちゃんとひろこちゃんとじゅんこちゃ
んが、最後まで本当に丁寧にみてくださいました。そして、配給のろばの耳の仕事を
チーム宮ぷーのひろこちゃんが、まこちゃんがしてくださっています。そして、多く
の方が、映画のためにご寄付くださいました。思い返すだけで涙が出てきます。

この映画がみなさんの目にどう映るだろうかと、正直とても不安で心配です。でも、
きっと大丈夫とも思います。なぜなら、私自身も、小野っちと一緒。映画を見返すた
びに、また、ネパールの人たちや、小林さんのお心に、「うふふ、素敵、ハートマー
ク」になっています。みていただくのが楽しみです。

かつこ









スポンサーサイト

山元加津子さん監督映画”銀河の雫”

私が初めてかっこちゃんのことを知ったのは、東北の震災後の1か月ほどあとのことでした。
震災のボランティアに入って、何もできなかったことを従兄にメールしたら、
かっこちゃんと高校の同級生だった従兄が
「金沢にこんな人がいるよ。
和子(私の名前です)と同じかっこちゃんだよ」って、山元加津子さんのことを教えてくれました。

従兄が教えてくれた”いちじくりん”のブログを読んで、
いちじくりん
”あなたをおもう”という歌に出会いました。
あなたをおもう

震災後の様子が流れ、あなたをおもう、あなたをおもう・・・・という歌詞に涙があふれて止まりませんでした。

9/3にかっこちゃんが初監督の映画「銀河の雫」というタイトルの映画が仙台であります。
仙台の主催者は、この”あなたをおもう”の被災地の様子を写真に撮られた「佐藤しげちゃんととよちゃん」のご夫妻です
そして、かっこちゃんがずっと考えてきたことがいっぱい詰まった映画のはずだと勝手に思い込んでいます。

宇宙のなかの小さいけれどひとつである私たちは、宇宙のなかの大切な一部
私の子供がまだ小さいころ、志賀高原にキャンプへ行って、満天の星空を大の字に寝転がって見ていたら
自分の身体がだんだんと上に上がって星空の中に浮かんでいるような体験をしました。
宇宙の一部になった気がしました。
かっこちゃんと出会う前に、一部同じようなことを思っていたことを
かっこちゃんにメールをしたら、宮ぷーのメルマガに載せてくださったことが、この間のことのようです。

その時は、まだ宮ぷーの映画「僕のうしろに道はできる」ができてないときでした。
毎日の宮ぷーの様子に一喜一憂していました

あなたが嬉しいと私も嬉しい
あなたが悲しいと私も悲しい
あなたが痛いと私も痛い

そんな気持ちでした。

その宮ぷーが仙台に来てくれるそうです。
とても楽しみです。

何があってもすべて大丈夫だということを
かっこちゃんの映画は教えてくれると思います。

みんなで9/3に見れたらとても嬉しいです♪

以下は、かっこちゃんからのお願いです

ここから・・・・
__________________________________________________
かつこです。

いつも、映画の上映会などを応援していただいてありがとうございます。

今日は、みなさんにお願いがあって、メールをしています。

仙台での私の作っている映画「銀河の雫」の仙台での9月3日の初上映会にきてほしいのです。

この映画はネパールで撮りました。撮っているあいだじゅう、私はなんども泣きました。泣きっぱなしだったかもしれません。ネパールは1年前に、大きなん地震が起きて、家も失ったり、つっかえ棒でやっと支えられている家に住んでいる人が大勢おられます。それなのに、誰もが、遠い国から来て、歩いているだけの見知らぬ私にとてつもなく優しく、私が優しさに涙がこぼれると、顔を覗きこんで、抱きしめてくれるのです。そして、何かあったら、電話をしなさいと、私に電話番号を伝えようとするのです。

なぜって、ネパールの人は言います。あなたは私の一部だし、私はあなたの一部。みんなでひとつだからって。体に痛い場所があれば、手は痛いひざをさすり、ほおをなぜる。決して、手は、体を傷つけない。あなたも私の一部だから、あなたがよろこんでいるのがうれしいと。今つらいのは、ネパールのみなさんなのに…そして、犬も猫も猿も、地面も空も、カメラも机も、みんな自分の一部。みんな神様。そして、全部が大丈夫のようにできているというのです。

それは、「四分の1の奇跡」の映画の中の雪絵ちゃんの言葉と同じでした。

そして、ネパールにはたくさんの民族があり、宗教もいろいろだけど、みんな、それぞれの祈り方で祈り、それぞれの生き方で生きる。宗教は、本当のことにたどりつくための乗り物だから、どんな乗り物でもいい。みんな受け止めばいい、あなたも素敵私も素敵。争わなくてもいいよとそう言います。

みんなひとつの中の大切な一部だからと。

映画を作っているあいだに、いろいろな事件が起きました。フランスでのテロ。相模原の施設での事件。それから、誰かが誰かを傷つけ、殺してしまう…。

私は思います。みんながネパールの人のほとんどが知っている、みんなつながっていて、みんなでひとつだということを知ったら、誰のことも殺したいなんて思わなくてもすむのじゃないかと。みんなで一緒に幸せでいられるのじゃないかと。



 



仙台での初上映会までに、あと2週間ほどになりましたが、今は1000人の会場ですが、お客さんは半分に満たないです。

私はどうしても多くの方にきていただきたいです。

ひとつには、本当なら、初上映会は、作っている私の方でしなければならないのですが、仙台のとよちゃんとしげちゃんが、主催をしますと言ってくださって、宣伝や、本当にいろいろなことをしてくださっています。

それなのに私は、なんにもできないままです。お二人が一生懸命してくださっていることを思うと、やっぱり涙がこぼれそうになります。いつもは有名になりたいって思わないけど、こんなときは、もっと私が多くの人に知っていただけていたら、お二人がこんなに苦労をされなくてもすむのじゃないかと思うと、申し訳ない気持ちになります。

そして、私はやっぱり、ネパールのみなさんが教えてくださったことを、伝えたいです。そして、広く知っていただきたいです。

私はどうしても、この映画を1000人のみなさんと一緒に始めたいという気持ちでいっぱいなんです。

私は、1000人のみなさんと、みんなで幸せになることを考えて、みんなと新しい始まりにしたいなあって、勝手だけどすごくすごく思っています。

ぜひぜひ、仙台の初上映会に来ていただけないでしょうか? あるいは、フエイスブックやメールなどでお伝えいただけないでしょうか?

 それでも本当のことをいうと、この映画がどんなふうにみなさんの眼に映るだろうと、不安でいっぱいでもあるのです。ネパールのみなさんの素晴らしさを伝えられているだろうかと思ったりもします。それでも、やっぱり、見ていただきたいです。

この日は、初めて宮ぷーが飛行機に乗ります。そして、仙台の上映会で、15分くらい、意思伝達装置を使ってですが、講演をします。この原稿を作るのに、宮ぷーは一文字一文字スキャンで書くので、半年ほどかかりました。

だから、ものすごく心のこもった講演会になると思います。

そしてもうひとつは、写真家の野村哲也さんの、たくさんの写真が、映画の中で、大画面で映し出されます。とってもきれいな写真です。

映画の主題歌の映像を作りました。

https://youtu.be/QVSIjN_PuMc

私が書いた詩に、チームえる。さんが、素敵な曲をつけてくださいました。何日もスタジオにこもって音作りをして、映画の音楽やこの曲を作ってくださったのです。そして、佐久間レイちゃんが歌を歌ってくださっています。佐久間レイちゃんは声優さん。ムーミンのミィや、アンパンマンのバタ子さんやたくさんの役をされている方です。ぜひ、聞いてみてください。



初上映会の資料です。

・ ・・・・・・

初上映会

2016年9月3日 仙台にて初上映

日 時  平成28年9月3日(土) 11:00開場    



第1部  山元加津子監督映画 初上映会(12:00開始)



第2部  山元加津子さん講演会(15:00開始予定)



     宮田俊也さん挨拶(登壇予定)



会 場  電力ホール(仙人=1000人会場、全席自由)



入場料  4000円(500円のお買い物券がついています。本や雑貨を変えます。)

   団体割引あり(1口11枚・・・4万円)



主 催  宮ぷーとかっこちゃんを心から応援する会



共 催  (社)ろばの耳



申込方法 

氏名、住所、連絡先、参加人数を下記にお申し込み後、 参加費をお振込みください。 入金確認後、チケットをご郵送いたします。



【振込先】

ゆうちょ銀行からゆうちょ銀行へ振込みの場合

記号番号: 18120 - 11974681

名義人:サトウシゲオ



他銀行からゆうちょ銀行へ振込みの場合

店名:八一八(読みハチイチハチ)    

店番: 818

預金種目:普通貯金   口座番号: 1197468

名義人:サトウシゲオ



TEL/FAX : 022-796-7430 (石井美恵)



e-mail : miyapukakko@yahoo.co.jp (佐藤とよ子)

・ ・・・・・・

銀河の雫…はじまりはひとつ…のHPです。

http://eiga377.wixsite.com/robanomimi-eiga

どうぞどうぞ宜しくお願い致します。



かつこ


2016/9/3 仙台 初上映会「銀河の雫」&宮ぷー・かっこちゃん講演会

あと2週間ほどで、かっこちゃんの初監督の映画”銀河の雫”が仙台で初上映されます
是非、多くの人に見ていただきたいです。
大切なものが何かがきっとわかる映画だから・・・・

銀河の雫”予告編”




仙台の かっこちゃんの応援快調、佐藤とよこさんこととよちゃんからのメッセージです。

9月3日まで1ヶ月を切りました。
皆さまの応援を力に、私たちも精一杯がんばりたいと思いますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

お茶会はあと3回くらい開催したいと考えておりますので、もしご都合がつくようでしたら、ぜひお友だちをお誘いの上、美味しいケーキとハーブティーを召し上がりにいらしてください。

お茶会の主旨は、私たちの9/3にかける思いをお伝えさせていただく会です。
10~20分くらいを予定しておりますので、その後はケーキを召し上りながら歓談していただければと思っております。
どうぞ遠慮せずにご参加いただけましたらうれしいです。

場所は、JR長町駅、地下鉄長町駅のそばです。
小さなかわいらしいお店を貸し切りにしていただきました。
お申込み人数によっては、立食になるかもしれませんのでご了承願います。

お店指定の駐車場もありますので、お車でいらしていただいても大丈夫です。どうぞよろしくお願いいたします。

宮ぷーとかっこちゃんを心から応援する会
快調 佐藤とよこ(ナンシー)
福快調 佐藤茂雄(十兵衛)

-----かっこちゃんがんばろう会 -----

【日時】
1回目 8月3日(終了しました)
2回目 8月9日(火)(終了しました)
3回目 8月17日(水)14:00~と18:30~に2回開催
4回目 8月24日(水)18:30~
各約10~20分くらい。その後ご自由にご歓談ください。

【場所】セルリアンテラス
仙台市太白区あすと長町1-4-30
★地下鉄南北線
長町駅下、車北1番出口から5分
★JR東北本線、空港線、常磐線、長町駅下車
TEL/FAX:022-748-5501

【お願い】ケーキの準備の関係上、事前にお申し込みをお願い致します。




講演会もあります。
かっこちゃん&宮ぷーの講演会

宮ぷーのメルマガはこちらからお入りください

宮ぷーメルマガ

2016/9/3初上映会「銀河の雫」&宮ぷー・かっこちゃん講演会のお知らせ

銀河の雫

「はじまりはひとつ」というサブタイトルになっています。

かっこちゃんこと山元加津子さんがいつも思っていることを映画にしたかったそうです。

ネパールのギータちゃんが
「あなたも素晴らしい、私も素晴らしい。どうして争うの? 受け入れればいい。みんな受け入れればいい。最初はひとつ。同じだよ」と言ったそうです。

最初はみんなひとつ・・・・

かっこちゃんがいつも言ってる「宇宙のひとつ」「私はあなただったかもしれない」「花だったかもしれない」

そんな言葉と重なります。

かっこちゃんがネパールで見てきたもの、聞いてきたもの、産まれてからずっと考えてきたこと
そのことが、どんな風に映画から伝わってくるのだろうかと考えると、子供みたいにどきどきしてしまいます。

そして、撮影が写真家の野村哲也さんです。
考えただけでも素晴らしい世界が見れそうですね~

仙台での「初上映会&仙人講演会」、是非、一緒に見ていただきたいです♪

銀河の雫

関東からは、深夜バスを出してくださる方もいて募集中です。
とても楽しい優しいうっちゃんのバスです♪
お待ちしています。

「銀河の雫」ミラクルバスツアー

ドキュメンタリー映画~日本一幸せな従業員をつくる~

associa.jpg
監督:岩崎靖子
配給:ハートオブミラクル


名古屋を皮切りに、大阪、神奈川、東京都・・・満員御礼となり、見ていただいた方は、暖かい気持ちを持って帰っていただいているようでした。映画で泣いたのは初めてという男の方や、この幸せをみんなに届けたいという方など多くの感想をいただきました。

自分のことを常に見ていてくれる人がいる、分け隔てなく接してくれる人がいる
それが、みんなに伝わるから、従業員は、会社のために、お客様のために家族のために頑張れる・・・・

しょうがいがあっても、みんなと一緒になって働く場所があること。
学校などでは、仕方ないわ、このぐらいでいいわ、とされることがあって、とても悔しい思いをしていたけど
きちんと叱ってくれたことがとても嬉しかったと言う言葉に

世界中、みんなが同じところにいて、みんな人として上下関係ない世の中になればいいなと私は思っているのだけど
私自身の気持ちに、少しでもできたらそれでいいのではみたいな、上から見ているようなことを思っていたかもしれないと考えさせられました。


自分の息子の話になりますが、3人兄弟の一番下で3月生まれ、小さく生まれていたために、小さい頃は近所のお友達と鬼ごっこをしても、足が遅くて誰かを捕まえることができなかったのです。そのため常におまけという存在で、一緒に遊んでいる子供たちの中で暗黙の了解のもと、息子は鬼になることはなく絶対につかまらない存在でした。言うなれば、ただ鬼ごっこが終わるまで走っているだけなのです。
私は、それがとても悲しかったのですが、本人は何も知らずにただ楽しそうに走っていました。
自分の意見を言える年頃になっても、そういう風にされていたら、きっと悔しい思いをしただろうと思います。
ただ、小さい頃だけで終わったので、私だけが悔しくて悲しい思いをするだけで終わったのです。
でも、一般的に今の世の中では、しょうがいのある人や心の繊細な人は、ずっとそういう悔しい思いを隠していなければならないことが多くあるのだと感じました。

自分のやれることは、誰だってやりたい。これは、老若男女誰でも同じです・・・・もし、その時うまくできなくても、次にはできるようになりたいし、何をしても大丈夫だよというスタンスは、自主的な行動ができる。上が見守ってくれるということは、絶対に上に嫌な思いをさせてはならないと下が必然的になる。
ほら・・・もう自然界のように、くるくる回るいい社会になるのです。
優しい考えが下に伝われば、お客様に伝わり、お客様もクチコミでまたお客様を連れてくる、そして会社は大きな会社になる

目の前の利益ばかり考えて、何かを省くと大切なものがなくなっていく・・・


この映画は、ホテルの話ではあるれど、
人が活き活きわくわく、明日に進めむために必要なことをたくさん教えてくれていたような気がしています。

そして、何よりも暖かい涙がとめどなく流れ、暖かい気持ちになります。


まだ、見ていないかた、もう見てしまったかたも、全国各地での上映会、
そして、大阪、東京の映画館でも上映してくださりますので、是非見てください。


http://www.heartofmiracle.net/schedule/schedule06.html

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。