スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セラピストネットワークCure交流会~アロマ石鹸作りの巻~

年に6回ほど介護アロマの普及や交流のために、”土曜日はCureブランチ”という名前で
簡単な介護アロマに関する講座とランチを食べながら交流するイベントを開催しています。


昨日は第1回目、身体思いのカフェ 百合ケ丘にある cafe・santeさんにて・・・
二階の6畳ほどのお部屋をお借りしました。


今回は、介護施設などで老人の方の手のリハビリにもなったり、
アロマの香りで脳にも刺激がいったり
介護者の方が作られても癒しの時間になるかなと思い
手こね石鹸を参加者の皆さんに作っていただくこととなりました。

IMG_20140118_113029910.jpg


素敵なかわいい石鹸が出来上がりました。
実際、お年寄りと作られるときは、力がない方がほとんどなので、型に入れるのが大変そうであれば
おにぎりみたいに丸めるだけでも良いです。


12時からは、サンテさんのランチ。
プレートには
・ねぎとれんこんの焼売
・かぶのキムチ
・ごぼうのナッツ和え
・香草のカレー和え
・高野豆腐の揚げどうふ
・はんたま?の煮浸し(沖縄の野菜とのこと)
・ごはん(十穀米くらい?)
・お味噌汁
・デザート(ラムレーズンのスポンジケーキ、豆乳クリーム添え)
・コーヒー(豆乳のミルク)


IMG_20140118_121505429.jpg



少ないように見えますが、しっかり噛むものが多いので
お腹はいっぱいになりました。

ご飯を食べながら、自己紹介・・・
アロマセラピスト、
障害のある子供さんの家族をサポートする活動をされている方、
メイクセラピスト、
特養ホームの職員の方、
ウェブデザイナーをしながら、白雪姫プロジェクトやハートオブミラクルの活動をされてる方など
みんなの熱い思いに圧倒されるようなかんじでしたが

実際、思いはあっても、
大変な状況もあるようです。


IMG_20140118_140325200.jpg


これから、
この交流会が、お互いに助け合える場になっていければと思いました。

これからも、セラピストネットワークCureでは、介護アロマに関連する活動をしていきまので
よろしくお願いします。




予告:3月1日は「認知症緩和のアロマテラピー」の講習会を横浜で開催します。

https://www.facebook.com/events/395349707266352/?ref_dashboard_filter=upcoming
スポンサーサイト

僕道を知った後のアロマケア/介護アロママッサージ


「僕のうしろに道はできるの映画」を見てくれた、一緒に介護アロマの活動をしている友人のブログです。
介護アロマを長年、施設等でされていて、それでもすごいと思うのに、白雪姫プロジェクトと通じるものがあると言ってくれた人です。

--------- ブログ ここから ---------

こんばんは~
介護のためのアロマフットケアの坂内美由紀です

夜になると風が冷たいですね~
厚手の上着必須ですね!

以前にも書いた
「僕のうしろに道はできる」

上映会をご覧になった方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

仲間に教えていただいてから、
二回観させていただきました。

例えば、話せないですよって言われた方が、
話せるようになった。
→奇跡だねって人は言うかもしれない。

だけど、上映会の副タイトル?は、

~奇跡が奇跡でなくなる日に向かって~
なんです。

話せないですよって言われても、
話せるようになる。
それが奇跡ではなくて。

というようなこと。

↑もっと深いないよいうです!!

今日の介護施設でのアロマのときに、
コミュニケーションがほとんど取れない方がいらっしゃいました。

「そうか、どうしようかなあ」
と、思ったんだけど、
ご利用者様は、ただ私を見ているだけです。
ほんとは、何か言いたいのかもしれないけれど、
表情がほとんどないので、
さすがの?私でもわかりませんでした。

今までの私だったら、
笑顔か、だまったまま、
心のこもったアロマケアだったかもしれません。

だけど、今日は違った。
ずーーーっと話しかけてた

目の前にいらっしゃるご利用者様は、
うんともすんとも、
何にも言わないけど、
普通に話してました。

ある方が、
「その方は、もうコミュニケーション取れないので」
って、言ったんです。

でも、違うよね。
ほんとは、言いたいことあるんだよねって思いました。
ちょっとした表情を今日は読み取れなかったけど、
絶対に、サインがあるはず

そのような方に、アロマケアを通して、
少しでもお役に立てていけたら。

寄り添ってこの活動を続けたいなしあわせ



http://ameblo.jp/aromafootcare/entry-11704740440.html

セラピストもご家族も一緒に学べる~私の町の介護アロマ~

セラピストネットワークcure主催のイベントを紹介させていただきます。

セラピストネットワークcure代表の坂内さんは6年前から、ひとりで介護施設でお年寄り等にアロママッサージをされていました。

その活動を知った仲間が集まり、坂内さんを初め、ご縁をいただいた介護アロマ、医療アロマに携わっている方たちの今までの介護現場等でのアロマのお話をしていただける運びとなりました。

セラピストネットワークcureは、アロマセラピーやハーブをもっと一般家庭に普及し、セラピストの技術活用の場をつくっていきたい。 そんな思いから立ち上がりました。

どうぞ、お誘い合わせの上、ご参加いただけると嬉しいです。


イベント日時 2013年12月7日(土) 10:00~16:00

10:00~
「介護アロマとハーブ」
坂内 美由紀
セラピストネットワークcure代表
アイネスアロマスクール卒業

10:30~
「ボランティアから仕事に」
山崎 宏美
JAAアロマコーディネーター&セラピスト
AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー

11:25~
「心理カウンセリングを用いた緩和アロマケア」
福澤 あや子
AEAJ認定アロマセラピスト
認定臨床心理カウンセラー

12:00~
お昼休憩
ヘルシーランチをご希望者にはご用意予定です。(要予約、別料金)詳細は後日アップさせていただきます

13:00~
「即介護に活かせるアロマハンドトリートメント(実技)」
山崎 美香
 アロマセラピー学会認定看護師

14;15~
「在宅介護に生かすアロマタッチ」
中 ルミ
国際ヒーリング看護協会理事長
ルミナス訪問看護ケアステーション管理者

15:15~
「介護者として」
渡辺 尚子
セラピストネットワークcure副代表
AEAJ認定アロマセラピスト&インストラクター

15:30~
「質疑応答」


〈参加費〉
8,000円(2人以上でお申し込みの場合は1人6,000円になります)
・ハーブティー
・介護アロマ:症状レシピ付



<定員>
30名

〈会場〉
あすか会議室(神田小川町)
http://www.ochanomizu.net/ogawamachi/access.html

〈お申込み・お問い合わせ〉
下記のアドレスからお申し込みください。
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P27150584

お電話、メールでもお受けします。
tel:080-1121-6981
E-mail:info@therapist.net.cn

〈主催〉
セラピストネットワークcurehttp://www.therapist.net.cn/
代表:坂内美由紀 副代表:渡辺尚子 セラピスト:山崎宏美 手伝い:中山和子

医療・介護CBニュース記事★慢性期リハビリ協会を設立-日慢協★


日本慢性期医療協会(https://jamcf.jp/works.html)は、平成4年に設立以来、超高齢社会への突入という社会構造の変化に対応するべく医療・介護サービスの充実に努め、急性期医療、在宅医療等との連携をはかりながら、慢性期医療の質の向上を目指している協会だそうです。
その協会が、「慢性期リハビリテーション協会」を立ち上げたという記事が載っていました。

やはり、長いあいだ同じ状況のように見える方には、適切な処置を施されなかったり等、辛い現実や区別されることがあるようです。

「白雪姫プロジェクト」(http://shirayukihime-project.net/)を広めることで、慢性になる前に回復することを伝えていくことはもちろんですが、長い間同じ状況である人にも情報が伝わって、こういった協会とも情報を交換できるといいなと思いました。

【ニュース記事】
http://www.cabrain.net/news/article/newsId/40386.html

日本慢性期医療協会は11日、慢性期におけるリハビリテーションの機能充実などを目指し、「慢性期リハビリテーション協会」を立ち上げた。

 同協会は、慢性期の現場におけるリハビリの効果などを検証・分析することで、継続的なリハビリの重要性を訴えることを目的に設立された。

同協会の会長を兼務することが決まった日慢協の武久洋三会長は、就任に当たってのあいさつで、来年4月以降、算定日数制限を超えた要介護者らの維持期リハビリが診療報酬で算定できなくなる点について、「大変な暴挙」と指摘した。

さらに、複数の都道府県で、慢性期リハビリや回復期リハビリなどに対する大幅な減額査定が相次いでいる上、一部の都道府県の診療報酬審査委員会から、「自立が見込めない患者に対する(リハビリテーションの)算定は、保険診療上不適切」という見解が出されている点を問題視。「(委員会の見解は)障害児や難病の人は生まれてこなくてもよろしい、という発想にもつながりかねない、恐ろしい考え方」と激しく批判し、、▽算定日数の上限を超えた要介護者らの維持期リハのうち、半年間分だけは、来年4月以降も医療保険の適用に含める▽診療報酬審査委員会の査定については全国統一という観点に立ち戻り、適切に対処する-の2点を求める要望書を、厚生労働省に提出する方針を明らかにした。【ただ正芳】



紙屋克子 看護の心そして技術★紙屋克子

51DDKW4N06L__SL500_AA300_.jpg
著者:紙屋克子
NHK「課外授業 ようこそ先輩」制作グループ (編集), KTC中央出版 (編集), 中央出版= (編集)
定価;1,470円

看護婦さんのための本でもありますが、誰でもが介護や看護に携わる時に必要な家庭の看護書のような本です。


「白雪姫プロジェクト」の”僕のうしろに道はできる”の本と一緒に家庭にあるといいなと思います。


紙屋克子先生は、一貫して意識障害患者の看護の実践と研究に取り組んでおられます。
また、「白雪姫プロジェクト」のHPの中で、その人がその人としてまた生きなおしていく瞬間と題してコメントを掲載されています。



紙屋先生の講演を聞いたときに、先生は、役割が出来る人に返すことが看護の役目であると断言されていました。

そして、人間は変われると・・・





http://shirayukihime-project.net/kamiya-katsuko.html

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。