スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最重度の障害児たちが語りはじめるとき★中村尚樹

41z8mKD+0LL__SL500_AA300__20130928170141e78.jpg
著者:中村尚樹
出版社:草思社
価格:2,310円


かっこちゃんのメルマガに中村尚樹さんの本が紹介されました!

メルマガより~
中村尚樹さんの「最重度の障害児たちが語りはじめるとき」(草思社)が発売になりました。Amazonの内容紹介から
<引用ここから>・・・・・・
「かんなかあさんがすきめいわくばかり」
これは最重度の重複障害児として生まれ、まわりのことを何も理解していないと思われていた緩名ちゃんが、九歳のときに初めて表現した文章です。生まれつきの重度障害によってまわりとコミュニケートできない子どもたちは、これまで「言葉をもたない」とみなさてきました。ところがパソコンや筆談、指談(しだん)などを使う特別な方法が開発されたこで、じつは豊かな言葉を心のうちに持っていたことがわかってきました。

これらの一つ、ドーマン法を紹介したNHKドキュメント「奇 跡の詩人」には疑惑が集中しましたが、本書ではさまざまな方法でコミュニケートしはじめた人たちのケースが紹介されます。はたしてそのすべてがニセ物でしょうか。多くのケースについて丁寧な取材をもとに書き下ろされた本書は、障害者とその家族の苦しみと喜びに寄り添った感動の書です。と同時に、「言葉とは?」「意識とは?」「人間とは?」という人間存在の根本を問い直す重要な示唆にも満ちています。

内容(「BOOK」データベースより)
「かんなかあさんがすきめいわくばかり」生まれつき身体の自由がきかない緩名さんは、最重度の「重度重複障害」と診断され、歩くことや話すことはもちろん、まわりのことを理解することさえできないと両親にも思われていた。その彼女が九歳のとき、パソコンを利用する装置によって、生まれてはじめて自分の気持ちを言葉で表現した。「言葉を持たない」と思われていた重度の障害者たちが、じつは豊かな言葉を持っていた。いくつものケースを丹念に取材して、重度の障害者たちが置かれている状況を見つめつつ、言葉とは何か人間とは何かという根源的な問いを投げかける力作ノンフィクション。
<引用ここまで>・・・・・・

ジ ャーナリストで、「脳障害を生きる人びと」などの本の筆者でもある中村さんは、柴田先生に会われたことで、最重度と言われる人々に深い思いがあるのだろうかと思われて、いろいろなことを調べられたり、いろいろな方に会われたりして、この本を書かれました。柴田先生のこれまでの詳しい取り組みだけでなく、重い障がいを持っておられる子どもたちと一緒にいた人たちが、そのことに気がついて、取り組んできた歴史についても書かれてあります。養護学校の教員になって、30年以上になる私にとっても、歴史を振り返ったり、新しいことを知ることになりました。多くの方に読んでいただきたい本だなあと思いました。

これまでメルマガで書かせていただいた大越桂ちゃんや、 きんこんの会。るなちゃんのことも出て来ます。そして、私が20年近く前に書いた文章も引用していただいていました。(ところが20年前であるために、いいわけですが、今ではすっかり使われていないような言葉も私が使っていて、ああ、当時はこんなことばも私は使っていたのだと申し訳なくて心が痛みます)それから、宮ぷーと柴田先生との出会いについても書いてくださっています。ジャーナリストである中村さんが、いろいろな方と会われて、お話されたことがとても興味深くて、そして、きっとまた、たくさんの方の常識が変わって行く大きなきっかけにもなるように思うのです。ぜひと思います。

かつこ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メルマガのご登録をお願いします
こころの架橋プロジェクト
http://www.ee-pro.net/movie/miyapu.html
スポンサーサイト

脳障害を生きる人びと-脳治療の最前線

1540[1]_convert_20120324230340[1]
著者:中村尚樹
出版社:草思社
価格:1,890円

内容:植物状態と診断されたが実は意識があった……。脳卒中や交通事故で脳に障害を負った人々を巡る驚くべき現   実、医療・社会の対応の遅れを描き、治療の新たな道を探る。

テーマ : 心、意識、魂、生命、人間の可能性
ジャンル : 心と身体

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。