スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院内学級「さいかち学級」

先日、横浜で活動されている「スマイルオブキッズ」さん主催の講演会に行ってきました。

スマイルオブキッズ

「こころの声が言葉になる」~院内学級の子供たちが教えてくれた大切なこと~
昭和大学大学院保健医療学研究科准教授の”赤鼻の先生としても有名な”副島賢和先生の講演でした。
~副島賢和先生~
公立小学校教諭として25年間、東京都内に勤務。2001年東京学芸大学大学院修了。
品川区立清水台小学校赴任。2006年より「さいかち学級」担任。
2014年4月より昭和大学大学院保健医療学研究科准教授として「さいかち学級」を担当


副島先生記事

「院内学級って知っていますか?知っている人は手をあげてください」
聞いていたほとんどの方が手をあげました。
私は病院の中に小さい教室があって学校に行けない間勉強するような学校のイメージをもっていました。
そこに通っているこどもたちの気持ちとかは全く考えたことはありませんでした。

昭和大学病院の17階に特別支援学級があります。
「さいかち学級」の役割は”子どもたちの発達を保障すること”だそうです。
そこには、入院している児童と親の希望、医師の許可がある子供が通っています。
教室に来ることができない場合は、毎日ベッドサイドで授業を行うそうです。

みんなと同じことをしたいという思いを大切にし、学校に復帰できる時や病気が治ったり退院できるレベルになった時への支援として、「学びと発達を保障」する場となっています。

傷つきがある子供たちが回復するためには
Safety:安全・安心の確保
Challenge:選択・挑戦
Hope:日常の保障・将来の希望
が必要だということ・・・・これは大人にも言えますね。
希望を持てるということは幸せなんだと感じました。


また、子どもたちは、
長期入院で自分のせいで親が辛い思いをしているのではとか
病気や将来への不安や畏れなど、たくさんの感情を抱えて日常を生きています。
不快な感情を抑えることで、自分の身を守り
自分の中で起こっている痛みや辛さ、不安等を感じないようにしてしまう傾向があるため
特に不快な感情を言語化するようにし、感情の適切な扱い方を伝えるかかわりをしているということでした。

”どんな感情ももっていていいんだよ”
副島先生の口から出たこの言葉。
とても、優しく感じました。

白雪姫プロジェクトでは、
寝たきりの方や重度障がいや脳障がいで声を発することはできない人にも
想いや心に言葉をもっているよということを伝えていますが、

言葉を発することができたとしても、出したい言葉を抑えてしまい
ずっと心の中に隠してしまうことを引き出すことも
言えなかったことを伝えられるという意味で言えば同じなのかなと感じました。
言いたくても言えない。伝えられない。

そんなことが誰にもないように
「さいかち学級」のような学級が副島先生のような先生がたくさん増えることを祈ります。


スポンサーサイト

ホリスティック医療

先日、横浜市港北区、都筑区を中心に活動されている「ホリスティック医療研究会」さんが主催する、地域のお医者様の講演会と体験会に行ってきました。

Holisticという言葉は、ギリシャ語のholos(全体)を語源としていて、現在は、「全体」「関連」「つながり」「バランス」といった意味をすべて包含した言葉だそうです。

人間をまるごと全体的にみる医学という感じでした。
病気や怪我だけを治すのに限定される西洋医学だけではなく、目に見えない精神・ 霊性も含めた人間の全体性と深く関わり、あらゆる分野の「癒し」も大切に考えるという医療のように感じました。

最近は、漢方を処方したり、食事療法など行っている病院もたくさんありますが、
それよりも、もっと自由なしがらみのない組織のような感じです。

例えば、腰痛の場合、病院に行けばレントゲンをとって、腰に異常がないかみます。
大したことがなければ、湿布と痛み止めをもらって終了です。
しかし、ホリスティック医療の病院では、レントゲンで確認しても異常はないが痛かったり、薬でも治らない場合等に、鍼灸や整体などを紹介し、患者さんと一緒に治る可能性を考えていくような体制になっているのです。

都筑区にあるY病院は、内科や皮膚科など普通の総合病院なのですが
実は、自由診療部という場所があります。
昨今、西洋医学だけでは、捉えきれない場合があります。とても苦しんでいるのにどこに行ってもわからない。
そんな患者様と向き合いサポートしていく体制になっているようです。

その中には、自然療法(ホメオパシー、アーユルベーダ、フラワーエッセンス、鍼治療、つぼダイエット、アントロポゾフィー、漢方)美容皮膚科(脱毛、ケミカルピーリング、オーガニックフェイシャル、など)
それは、豊富な診療があるのです。

日本では医療と認められていないものも、まだたくさんありますが、そんな病院が増えるといいなと思います。
人と人が触れ合う、優しいアロママッサージなどは本当に癒されるので、西洋医学と一緒に治療になるととても効果があがるような気がしています。

「白雪姫プロジェクト」としては、外科や、整形外科には、紙屋先生式のリハビリ科や、思いを伝えるところを探したり方法を考えてくれるような科、匂いで刺激させるようなアロマ科とか
たくさんあったらいいなと思います。

そんなことを想像したりできた、そのイベントで、私は、ソシオエステティック、バッチフラワーレメディ、漢方相談の3つを体験させていただきました。

○「ソシオエステティックとは、闘病生活や、高齢者、社会的に苦境にある方を癒し、励まし、人として生きるため に、人として美しくあるためにエステティックの力を活かして、ネイルアートやお化粧、マッサージなどをする ものです。私はネイルをしていただきました。
○バッチフラワーは、自分の今の気持ちをチェックシートでチェックし、38種類のお花のエッセンス・レメディか ら6種類までを選び、ボトルにお水とレメディとお酢をいれて、スプレーで1日4回飲むというものでした。
○漢方相談は、まずこれも、チェック項目にチェックを入れ、次に舌をみていただき、身体の傾向を教えてくれ、食 事に取り入れたほうがいいものを教えてくれるというものでした。
 赤いもの(レバー、マグロ、プルーン、クコの実)、黒いもの(黒豆、きくらげ、黒ごま、ひじき)を多くとる ように言われました。
 貧血、めまい、不眠、肌荒れ、目の疲れ、抜け毛、しびれ、筋肉のけいれんなどが起こりやすいそうです。
 実際、めまい、肌荒れ、目の疲れ、抜け毛、寝てる時に、ふくらはぎがしょっちゅう攣るので、
 赤いもの、黒いものを意識して食べています。

西洋医学では、気持ちの症状は聞くことはないですよね。もし伝えたとしても、気のせいですねと言われたり、大体は、自律神経失調症で片付けられてしまいます。

でも、病気だけではなく、気持ちまでも聞いてくれるホリスティック医療は、人にとても優しいです。
それが広まれば、全ての人の医療や健康、人生までも豊かにしてくれるかもしれないなと感じました。

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。