【記事の紹介】摂食・嚥下支援する医療機関をマップで紹介

外食をするのが難しい方の参考に・・・こういう場所が増えていけば、外出をするのももっと楽しくなりそうです♪
このマップに「東京ディズニーランド」が加わったそうです。
下記の一覧は「厚生労働科学研究委託費長寿・障害総合研究事業」として取りまとめられているもののようです。
高齢者に向けてのページになってはいますが、年齢は関係なく利用できそうです。

飲食店一覧

摂食嚥下関連医療資源マップ



記事内容はこちら
   ↓




厚生労働科学研究委託費による研究班は、摂食・嚥下機能が低下した人に対応する医療機関や飲食店が検索可能な全国規模のマップに、東京ディズニーランド(千葉県浦安市)を追加した。15日現在、同マップで検索できる飲食店は13店舗となった。【松村秀士】

 摂食・嚥下については、病院関係者でも地域で適切なサポートができる医療機関を把握していないことが多いことから、退院した患者が口から食べ続けるための訓練などを受けるのが難しいといった問題があった。

 こうした状況を踏まえ、厚労科学研究委託費による長寿・障害科学総合研究事業の研究班(業務主任者=戸原玄・東京医科歯科大大学院准教授)は、2014年4月から17年3月まで、「高齢者の摂食嚥下・栄養に関する地域包括的ケアについての研究」を実施。その取り組みの一環として、嚥下訓練や嚥下内視鏡検査などに対応する医療機関、飲み込む機能が低下した人を対象にした食事を提供する飲食店を検索できる「摂食嚥下関連医療資源マップ」を作成し、公開している。

 研究班はこのほど、きざみ加工やペースト加工を施した食事を提供する東京ディズニーランドの店舗を、同マップに追加した。同マップでは15日現在、飲食店13店舗と医療機関約1200施設の検索が可能で、研究班は摂食・嚥下機能が低下した人の外出のきっかけや、地域での継続的な支援につながるよう活用を促している






介護の食事が大塚製薬から通販で購入することもできます。
あいーと
スポンサーサイト

身体がピンとなるクッション

作業療法士さんが考えたクッションを紹介します。

クッション

車いすクッション


人の体を正しい姿勢へと導き、障がいを持つ方の体と向き合うことで見つけた体を快適に保つ仕組みになっているそうです。

車いすでも使えるようです。

座る方が楽な姿勢になれるのが良さそうです。

P!nto

マザーテレサ100の言葉★ヴォルフガング・バーダー編山本文子訳

マザーテレサ
著者:マザーテレサ
発行所:女子パウロ会
定価:1,260円


昨年、嫁いだ娘の残していった本棚にあった1冊です。

世界中の誰もが知っているマザーテレサの100の言葉が綴られています。

”全てをイエス様のために行います。””全心、全存在をあげて、わたしはイエス様を愛します。”
”全てはイエス様次第です”

マザーテレサの言葉です.

キリスト教をほとんど知らない私(小学校の時に近くにあった教会の日曜学校に行っていた程度)ですが、
マザーテレサのイエス様の存在は、見えないけれど、大切な人が見守ってくれているから
ちゃんとした自分でいようとか、大切な人にこうしてあげたら喜んでくれるかもしれないという思いに
少しだけ似ている気がしました・・・そして、
全てがイエス様次第という思いは、自然であったり、宇宙であったり、起こりうる全ての采配は、科学では証明できないような大きな力(サムシンググレート)のような存在のことを言っているような気がしたのでした。

本文からの紹介

★大切なのは、私たちが何をするのかということではなく、どれだけの愛を、その行いに込められるかということです。小さなことも大きな愛をもって。

★わたしたちの「こどもの家で」お砂糖がなくなってしまいました
 それを聞いた4歳の坊やが家に帰って両親に言ったのです。
 「ぼく3日間お砂糖いらないよ。その分マザーテレサにあげるんだ」
 三日後、その坊やは両親と一緒にお砂糖を持ってきてくれました。
 その坊やは、やっと私の名前を言えるくらいの幼い子供でしたが、それでも彼は私に人間とはほんとうに大きな 愛を持っていることを教えてくれたのです。
 大切なのはいくつあげたかと言う事ではなく、愛をもって与えることでう。
 小さな坊やは自らが痛むまでに与えたのでした。
 


ねむの木こども美術館 どんぐり

ねむの木こども美術館 どんぐり

小学校の時に宮城まり子さんの作られたねむの木学園という学校の映画を見ました。記憶は曖昧ですが、
多分「ねむの木の詩」という映画だったような気がします。

それから、30年以上も前の映画なのに、ずっと頭の片隅にありました。
一度、こどもたちの書いた絵や作品を見に行きたいと思い続けていました。

先週の月曜日に友人と被災地へ行く予定をしていたのが急に友人の仕事が入たっため、別の機会に行くことになり、それなら、時間も空いたので、自分の好きな場所に行かせてもらおう・・・
頭の中にすぐに浮かんだのが、家からも3時間くらいで行けるねむの木学園・・・だったのです。


ねむの木村という村に、学園があり、美術館があり、ガーデンがあり、湖があり、森があり、喫茶店、OBの方たちが働いている雑貨屋さんや毛糸屋さん、ガラス屋さんがあり、果樹園があり、畑があり、文学館があり・・・

ねむの木村の紹介にあるように
「健康な人、ハンディを持った人、老人、若者、ともに暮らせる場所が「ねむの木村」です。

そんなすてきな村でした、

美術館どんぐりの前の駐車場に車をおいて、館内へ・・・チケットを購入して、館内の説明を受けました。
子供たちの作品がある2階に行くには、外国かなと思うような中庭を通って行くようになっていました。

2階の扉をあけると、宮城まり子さんの墨で書かれたメッセージから始まり・・・すべての子供たちの作品には
心があるような気がしました。
ひとつひとつの作品に詩があるような、お話がみえるような・・・
いつの間にか、涙がいっぱい溢れてきました。

純粋なものは、人の心を揺さぶるのですね・・・


学園は、宮城まり子さんという女優さんの
子供たちにはひとつでもできることがあるという思いから
立ち上げられました。
そして今現在のねむの木村という大きな村に繋がっているのです。


この思いは
白雪姫プロジェクトや宮ぷーこころの架け橋プロジェクトを立ち上げられた
かっこちゃん(山元加津子さん)にも重なる気がしています。

必ず思いは形になることを信じていれば、明日に繋がりますね。


ねむの木こども美術館どんぐりに行って、そんなことを思いました。


<参考>
映画「ねむの木の詩」http://cinema.intercritique.com/movie.cgi?mid=10248
映画「ねむの木の詩が聞こえる」http://www.weblio.jp/content/%E3%81%AD%E3%82%80%E3%81%AE%E6%9C%A8%E3%81%AE%E8%A9%A9%E3%81%8C%E3%81%8D%E3%81%93%E3%81%88%E3%82%8B




ねむの木村大きい文字

プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR