スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# 熊本・大分の地震

怖い思いだったり、不自由だったり、悲しい思いだったり、たくさんの辛いことが、いっぺんに起こってしまって
祈るしかないのですが
熊本・大分の方が早く落ち着ける時が来ますように

自然はとても大切で、いつもはとても優しい存在であるのに、時に地球がくしゃみでもするかのように大きなことが起こります。

私が生まれそだった石川県の金沢市は地震というものがほとんどないところだったので、千葉に引越ししたときは、大きくはないけれど揺れることが時々ありそのたびに、とても怖い思いをしてました。
5年前に東京で震度5強という初めての大きい揺れを経験し、ひとりきりだったらどんなに心細かっただろうと今でも思います。

熊本・大分で、怖い夜をひとりで過ごされている人もいるのではないかと思うと、誰かがこんな時は寄り添えてたらいいなと願わずにいられません。

ひとりはさみしいから、誰か寄り添ってくださいね。


山元加津子さんの 「あなたを想う」 の詩です

あなたのことを想う
ただ想う
それだけで
私の心にひとつ
小さな花が咲く
どうしてるかな
ないてないかな
困っていないかな
げんきでいるかな
あなたを想う
あなたを想う
あなたを想う

あなたのことを想う
ただ想う
それだけで
私の心にひとつ
小さな星が光る
空を見ても
海を見ても
月を見ても
花を見ても
あなたを想う
あなたを想う
あなたを想う

あなたが笑顔でありますように
幸せでありますように

あなたを想う
あなたを想う
あなたを想う
いつまでも

DSCN6677.jpg
スポンサーサイト

~介護アロマのセミナーのお知らせです~

10月3日土曜日 大阪で開催します。

cure with aromaは横浜を拠点にして、介護や看護にアロマを取り入れる活動をしています。

身近な人たちの介護をする人・される人に、
アロマセラピーを通して触れ合い、優しい温かな気持ちをと、
今年で3年目になる「私の町の介護アロマ」。
10月3日(土)に大阪で開催します。

<主な内容>
講師:今井 司氏(社会福祉法人つながり)
大阪・高槻市にあるサニースポットさん。
(就労継続支援B型・生活介護)
障がいのある人々を取り巻く環境と制度理解や、...
アロマを舞台にした障がい者の働くを理解するなど。
障がいのある方々によるアロマの実演
アロマ業界においての障がい者支援を考えます。

講師:石原 貴司氏(有限会社ラサルーテ 八条鍼灸院)
鍼灸師で京都にてサイマティクスを実践する。
介護アロマを実践する方たちに向けた講演。
東洋医学とアロマトリートメント

<日時>
10月3日(土)12:30~16:30

<参加費>
5,000円

<会場>
クレオ大阪南
http://www.creo-osaka.or.jp/south/access.html

<お申込み>
お名前、連絡先、人数、ご職業を明記のうえ、
curewitharoma@yahoo.co.jpまでお送りください。

<お問い合わせ>
cure with aroma

体当たり白雪姫と指筆談のこと ★ 守本早智子

20150604_233529.jpg
著者:守本早智子
定価:500円


優さんこと守本さんの第2弾の本が出版されました。
冒頭にかかれた言葉

あなたの思いが知りたい・・・

ただそれだけで今この活動を続けている私です。

この本がほんの少しでもお役に立てたら、心から幸せです。


優さんの気持ち・・・・

この本には、多くの方の言葉を読み取って希望を与えてくれている優さんの大切な息子さんのこと、娘さんのこと、お孫さんのことも書かれていて、この活動は家族がいたからこその活動だと改めて思うのでした。

そして、この本のタイトルの「体当たり白雪姫」のこと

そして、指筆談のことが詳しく書かれています。

指筆談の方法や質問の仕方なども書かれていて、とても参考になります。

私も今勉強中ですが、○、×、数字などがやっとなんとなくわかるかなというときに、質問の仕方が思い浮かばなくて、変な質問ばかりしてしまうことがよくあるので、質問の仕方はとても参考になります。

みんな言葉や思いを持っています。コミュニケーションが取れるように多くの人が、この方法を小学校や、中学校で学べる時代になってほしいと願ってやみません。

きっと、この白雪姫プロジェクトを応援してくれている方は、みんなそう思われているはずです。世界中の方がその方法を使えて誰とでも会話できることが当たり前になりますように♪

白雪姫プロジェクト

AKIRA~杉山明~アキラさん

アキラさんのライブをいつかみたいみたいと思っていたら、昨年の12月に体当たり白雪隊長の優さんのイベントで、豪華なライブがありました。
そのライブの一番最後がアキラさんでした。

どんどん、ぐいぐい
引き込まれる引き込まれる
前でみている方が声をあげて泣いているのも、何だかわかります。
私もいつの間にか涙涙でアキラさんの声しか聞こえません。

暖かくて、優しくて、強くて、笑えて、アキラさんのハートがみんなを包んでくれている感じです。
ここにいていいんだよ。
君は君のままでいいんだよ。
いらないものは、何もないんだよ。
たくさんのメッセージがあります。

私がとても心に残ったのは、しょうがいを持っている人は、インディアンの魂を持っているおはなしでした。
生まれてくる前に石を選んでくるんだと、重くて一番大きな石を選ぶのが勇者、しょうがいを持っている人だというような話しでした。

その歌も歌ってくれました。
また、行きたいです。


~勇者の石~
 
人はこの世に生まれるまえに
自分で背負う石を決める
生まれ変わるたび挫折を重ね
きみの魂は強くなる


亀の子ほどの重さの石は
苦労を知らぬ子供の石
美と健康と富に恵まれ
なにも恐れず遊びつづけろ

アライグマほどの重さの石は
目ざめはじめた若者の石
挑み倒されまた立ちあがり
本当のきみを探しつづけろ

だいじょうぶだよ
きみならできるから
運ぶ命を運命と呼ぶ
Let’s keep on carrying
the stone of the brave


赤鹿ほどの重さの石は
悲しみを知る大人の石
津波のごとき困難に耐え
愛するものを守りつづけろ

バッファローほどの重さの石は
神が讃えし勇者の石
重い病や障害を越え
みなに勇気を与えつづけろ

だいじょうぶだよ
だいじょうぶだよ
だいじょうぶだよ
だいじょうぶだよ

だいじょうぶだよ
きみならできるから
運ぶ命を運命と呼ぶ
Let’s keep on carrying
the stone of the brave

 

※アキラさんプロフィール
http://www.akiramania.com/sakuhin.html

目に見えないもの

金沢という雪がふる地域で生まれたからか、
金沢に住んでいるときは
冬の日の朝起きると
雪が降ってるなとか、積もっているなとか、
外を見なくても不思議とわかりました。

今、横浜に住んでいるけど、今日は金沢雪かもとか感じることがあります。

天気予報や友達からのメールで、やっぱり雪やったんやなあって・・・


私の祖母は、私が生まれた年に視力を失いました。
それから亡くなるまで20年くらい不自由だったろうなと思うのだけど
トイレに行くのも
台所から何かを持ってくるのも、
物を探す時も
だいたいはわかっていて
家の中なら不自由はなかったのです。

でも、祖父が肺がんで亡くなった時に
祖母が祖父の顔を触りながら、
「何で教えてくれんかったあ」と大泣きしていたことを思い出します。
あとから聞いた話では、
祖父は、「ばあちゃんには言わんように」とみんなに言っていたそうです。
祖父のその言葉の真意は誰もわからないようですが
”ばあちゃんが心配して毎日行きたいと言ったら、ばあちゃんに付き添わなくてはいけない人が大変かもしれない”
”ばあちゃんが悲しむから”
とか・・・憶測だけど、祖父は周りの家族や祖母を慮って言ったのかなと思います。

でも、亡くなってから本当のことを知った祖母のことを思うと
何が優しいのだろうと考えます。
目が見えない分、人の気配や感じ方はとても敏感だったと思うから
みんなが何か隠していると思っていたかもしれない。
祖母の目が見えていたら、きっと言っていたかもしれないと思うと
周りが大変なことを避けたのかもしれないなと思ったり・・・・

一緒に住んではいなかったけど、祖母のところへ行くと
必ず顔を手でさわって、大きくなったきれいになったと言ってくれて
あとは、何にも喋らないこともあるのだけど
隣でただぼーっと一緒にラジオを聞きながらいるのが
好きな時間でした。


雪の
静けさ
重さ
暗さ
冷たさ

祖母の
寂しさ
辛さ
悲しさ
我慢強さ

金沢というか雪国には
そんな灰色の重たさが見えたりするけれど

その中には
雪の結晶のように見えないけれども、きれいなものが隠れていたり、

冬のあとは春が来るから大丈夫だよとか言ってくれているような
優しくて暖かいものがあふれていたり、


そして、
こうやって、時々今ここにいない人を思い出す時に
暖かな気持ちになったら
きっと今近くに、その人はいるのだなあと思います。






プロフィール

横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ

Author:横浜かっこ と ロサンゼルスぴろ と 浜松たーこ
和子(かっこ)・・横浜市在住 弘子(ぴろ)・・California在住
直(たーこ)・・浜松市在住
石川県金沢市出身の姉妹・従兄同士の3人です。
すぐには会えない距離に3人はいますが、ブログを通じて
同じ思いのもとに何かがしたいと思えたこと不思議だなあと感じます。
見えない何かがあるのだなあと感じます。
本等を通して、誰かの大切な人のために、お手伝いができたらなと思っています。

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。